「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

今年は本気の補強!?大谷の加入するエンゼルスとは?

2018 2/15 11:29mono
エンゼルス 大谷翔平
このエントリーをはてなブックマークに追加

昨シーズンは地区2位ながらも負け越し

アメリカンリーグ西地区に所属するエンゼルス。1961年に創設され、2002年に初めてワールドチャンピオンに輝いている。その後、2004年から2009年の6年間で5回のリーグ優勝を果たしプチ黄金期も存在。また、日本人選手では過去に長谷川滋利、松井秀喜、高橋尚成の3人が所属したチームでもある。

チームを率いるのはマイク・ソーシア監督だ。2000年から監督を務めており、今シーズン(2018年)が19年目となる。2017年は地区2位だったものの、80勝82敗で負け越し。今シーズンは2014年以来の地区優勝、そしてポストシーズン進出を目指す。

同地区には昨シーズンのワールドチャンピオンでもあるヒューストン・アストロズも所属。打倒アストロズを果たすべく、このオフに補強を進めた格好だ。そのひとつが大谷の獲得だった。

打倒アストロズへ向けオフの補強は抜かりなし!

2月11日にようやくダルビッシュ有がシカゴ・カブスに移籍することが決まったが、ジェイク・アリエッタ(カブス・FA)など大物選手の契約がいまだに決まらず、市場が低迷している中、早い段階で大谷を補強したのは大きい。

その後、強打の二塁手として4度のオールスター出場、そして2017年に行われた第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)においてアメリカ代表でもあったイアン・キンズラーをトレードで獲得する。キンズラーは移籍理由のひとつに『大谷の補強』を挙げており、アメリカにおける大谷の存在感は予想以上に大きいようだ。

また、キンズラーを獲得した2日後にはFAとなっていたザック・コザートと契約。コザートは昨シーズン、レッズで主に遊撃手として122試合に出場。キャリアハイとなる打率.297、24本塁打、63打点の成績を残した強打の選手だ。エンゼルスでは三塁を守ることが濃厚となる。

他球団からの獲得ではないが、昨シーズン途中にデトロイト・タイガースから加入したジャスティン・アップトンの契約延長にも成功している。大谷の獲得だけでなく、多くの有力選手を補強し打倒アストロズへ向け準備を進めているのだ。

【主な補強選手・2017年成績】
大谷翔平
(投手)5試合/3勝2敗/防御率3.20
(野手)65試合/打率.332/8本塁打/31打点
※NPB

イアン・キンズラー
139試合/打率.236/22本塁打/52打点

ザック・コザート
122試合/打率.297/24本塁打/63打点

ジャスティン・アップトン
152試合/打率.273/35本塁打/109打点

おすすめの記事