デーゲームに強い?ダルビッシュの様々な相性を確認!|【SPAIA】スパイア

「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

デーゲームに強い?ダルビッシュの様々な相性を確認!


Yu Darvish-SPAIA

Ⓒゲッティイメージズ

古巣との対戦はある?

ダルビッシュ有がシカゴ・カブスと契約した。これでメジャー移籍後3球団目の所属となり、ナショナルリーグ中地区でのプレーは初めて。そのカブスは今シーズン(2018年)も地区優勝候補にあげられており、ダルビッシュも先発ローテーションの軸として期待されている。

すでに今シーズンのスケジュールは発表されているが、かつて所属したレンジャーズとの対戦はない。また、ロサンゼルス・ドジャースとの対戦は6月18日〜6月20日(現地時間)にホームのリグレー・フィールド、同25日〜同28日にドジャー・スタジアムで組まれている。ローテーション次第ではダルビッシュの登板もあるだろう。とくにロサンゼルスのドジャースファンはダルビッシュを温かく迎え入れるのか、それとも強烈なブーイングをお見舞いするのか注目したい。

ナショナルリーグ中地区各チームとの対戦成績は?

ダルビッシュはカブスの所属するナショナルリーグ中地区のライバル球団相手にどのような成績を残しているのだろうか。多くの期間で所属リーグが異なるためにサンプル数は少ないが見ていこう。

ナショナルリーグ中地区ではシンシナティ・レッズ、ピッツバーグ・パイレーツ相手に2試合、ミルウォーキー・ブルワーズ相手に1試合と計5試合の登板し2勝2敗の成績を残している。チーム別に見るとブルワーズに0勝1敗、レッズに1勝0敗、パイレーツに1勝1敗と可もなく不可もなくとなっている。また、防御率も悪くなく苦手意識はなさそうだ。しかし、冒頭で述べたようにサンプル数が少ないため、好印象・悪印象ともにないといったところだろうか。ちなみにセントルイス・カージナルスとは対戦がなく、今シーズン登板機会があれば、初めて顔を合わせることになる。

【ダルビッシュ・対戦成績】
シンシナティ・レッズ
2試合/1勝0敗/12.2回/13奪三振/9与四球/防御率2.13

ミルウォーキー・ブルワーズ
1試合/0勝1敗/5回/7奪三振/3与四球/防御率5.40

ピッツバーグ・パイレーツ
2試合/1勝1敗/12回/13奪三振/2与四球/防御率1.50

セントルイス・カージナルス
登板なし

ナショナルリーグ中地区各球場での投球成績は?

球場での成績も同様に見てみよう。当然ではあるがサンプル数は多くない。本拠地となるリグレー・フィールド、レッズの本拠地であるグレートアメリカン・ボール・パークで1試合ずつ登板しともに勝ち星を挙げることはできなかった。しかし、グレートアメリカン・ボール・パークでは2016年にメジャー初本塁打を記録した球場でもあり、印象に残っているかもしれない。

【ダルビッシュ・球場別成績】
リグレー・フィールド(カブス)
1試合/0勝1敗/4.1回/奪三振9/与四球4/防御率4.15

グレートアメリカン・ボール・パーク(レッズ)
1試合/0勝0敗/6回/奪三振5/与四球5/防御率4.50

ミラーパーク(ブルワーズ)
登板なし

PNCパーク(パイレーツ)
登板なし

ブッシュ・スタジアム(カージナルス)
登板なし

デーゲームでの投球成績は?

カブスの本拠地であるリグレー・フィールドは1988年まで照明設備がなく、全ての試合がデーゲームで行われていた。現在は設備も整いナイターでの開催も行われているが、やはりデーゲームは多い。2018年のスケジュールを見ても開催時刻未定となっている試合が数試合あるものの、現時点で半数以上がデーゲームとなっている。日本同様にメジャーリーグもナイトゲームが多くなっているが、ダルビッシュのデーゲームにおける成績はどのようになっているのだろうか。

登板試合数を見るとナイトゲーム(96試合)とデーゲーム(35試合)よりも登板数は多い。しかし、勝率はデーゲーム(.600)のほうがナイトゲーム(.562)を上回っている。また、防御率も同様にデーゲームの方が0.8近くよい数字だ。ほんのわずかではあるものの、デーゲームの方が相性はいいと言えるだろう。

【ダルビッシュ・開催時刻別成績】
デーゲーム
35試合/15勝10敗/228.2回/269奪三振/89与四球/防御率2.87

ナイトゲーム
96試合/41勝32敗/603.2回/752奪三振/218与四球/防御率3.62

通算
131試合/56勝42敗/832.1回/1021奪三振/307与四球/防御率3.42


今シーズンのダルビッシュは球場や対戦チームだけでなく、多くの打者とも初めて顔を合わせるケースが多いだろう。もちろん、チームから様々な情報を得てからマウンドに登ることにはなるが、試合で気づくことも多いはずだ。早い段階で多くの情報を得て、最高のパフォーマンスを見せてくれることに期待したい。

※数字は2017年シーズン終了時点

おすすめの記事

関連記事

プロ野球 試合経過・結果

  • 本日開催される試合はありません

B1 順位表

東地区
中地区
西地区
:Bリーグ チャンピオンシップ出場チーム
:B1 残留プレーオフ出場チーム
チーム勝率
{{club.Rank}}{{club.TeamNameS}}
{{club.WinningCount}}{{club.LosingCount}}{{trimFirstZero(club.WinningRate)}}{{getFormattedGameBehind(club)}}
:Bリーグ チャンピオンシップ出場チーム
:B1 残留プレーオフ出場チーム
チーム勝率
{{club.Rank}}{{club.TeamNameS}}
{{club.WinningCount}}{{club.LosingCount}}{{trimFirstZero(club.WinningRate)}}{{getFormattedGameBehind(club)}}
:Bリーグ チャンピオンシップ出場チーム
:B1 残留プレーオフ出場チーム
チーム勝率
{{club.Rank}}{{club.TeamNameS}}
{{club.WinningCount}}{{club.LosingCount}}{{trimFirstZero(club.WinningRate)}}{{getFormattedGameBehind(club)}}

プロ野球 OPS順位

セ・リーグ
パ・リーグ
 選手名・所属チームOPS 
{{index + 1}}{{item.raw.Name}}{{item.raw['ShortName-Team']}}{{item.metrics.ops.toFixed(3)}}{{item.metrics.ops.toFixed(3).substring(1)}}
 選手名・所属チームOPS 
{{index + 1}}{{item.raw.Name}}{{item.raw['ShortName-Team']}}{{item.metrics.ops.toFixed(3)}}{{item.metrics.ops.toFixed(3).substring(1)}}

人気記事ランキング

SPAIA スポーツコラム ライター募集中!