「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

ナショナルリーグ西地区のスタジアム紹介

2018 1/23 11:51mono
野球場
このエントリーをはてなブックマークに追加

メジャーリーグ最大の収容能力を誇るドジャー・スタジアム

  • 球場名:ドジャー・スタジアム(Dodger Stadium)
  • 球団名:ロサンゼルス・ドジャース(Los Angeles Dodgers)
  • 場所:カリフォルニア州ロサンゼルス
  • 開場:1962年

ロサンゼルス・ドジャースの本拠地であるドジャー・スタジアム。1962年開場と2017年現在使用されている球場では、3番目に古い。
名物料理として全長約25センチのドジャードッグがあり、開場以来愛され続けている人気商品だ。

収容人数は56,000人となっており、もっとも多くの収容能力を誇っている。開場以来、1億4700万人以上の観客が訪れており、2007年にフランチャイズ記録となる年間385万人を動員している。
また、2017年に開催された第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)では準決勝、決勝が行われ日本代表も試合を行った。

ドジャースは野茂英雄選手がメジャーリーグで最初に契約し球団でもあり、日本でもなじみ深い。2017年シーズンは前田健太選手、ダルビッシュ有選手を擁しワールドシリーズに進出した。
2018年シーズンも前田選手の残留は決定しており、日本のテレビ放送でも見かけることは多いだろう。

スプラッシュヒットが名物のAT&Tパーク

  • 球場名:AT&Tパーク(AT&T Park)
  • 球団名:サンフランシスコ・ジャイアンツ(San Francisco Giants)
  • 場所:カリフォルニア州サンフランシスコ
  • 開場:2000年

サンフランシシコ・ジャイアンツの本拠地であるAT&Tパーク。ライトスタンド後方にはサンフランシスコ湾(通称マッコビー湾)があり、本塁打の打球がそこに飛び込むことも多い。
その本塁打は『スプラッシュヒット』と呼ばれており、テレビ中継などではボートに乗って、本塁打を待つファンの姿が映ることもあるほどだ。マッコビー湾がある影響でライトスタンド側が狭くなっており、球場の形もいびつとなっているのも特徴のひとつである。
レフトスタンド後方にはコカコーラの巨大モニュメント(滑り台)もあり、家族連れでも楽しめるボールパークだ。

AT&Tパークで2007年に開催されたオールスターゲームでは、イチロー選手がランニングホームランを放っている。これはMLB史上初となる快挙でもあった。
2018年は同地区のロサンゼルス・ドジャースに、前田選手が在籍していることもあり、日本のテレビ中継で見かけることも多いだろう。

おすすめの記事