「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

アメリカンリーグ西地区のスタジアム紹介

2018 2/6 15:55mono
野球場
このエントリーをはてなブックマークに追加

大谷選手の主戦場となるエンゼル・スタジアム・オブ・アナハイム

  • 球場名:エンゼル・スタジアム・オブ・アナハイム(Angel Stadium of Anaheim)
  • 球団名:ロサンゼルス・エンゼルス(Los Angeles Angels)
  • 場所:カリフォルニア州アナハイム
  • 開場:1966年

 

ロサンゼルス・エンゼルスの本拠地であるエンゼル・スタジアム・オブ・アナハイム。左中間が約117.9メートル、右中間が約112.8メートルと左中間の方が拾い。
しかし、右中間のフェンスが約5.5メートルとその他の部分(約2.4メートル)より3メートルほど高くなっており、左打者のホームランが出やすいとは言いがたい。センターからややレフトよりのスタンド部分に巨大な人工岩があり、エンゼルスの選手がホームランを打つと火を噴き、噴水が上がる。
大谷選手も噴水をあげることができるだろうか。

松井秀喜選手や高橋尚成選手が過去に在籍したこと、イチロー選手の所属していたマリナーズと同地区だったこともあり、球場が映し出されることも多かった。2018年シーズンから大谷翔平選手が所属することもあり、再び見る機会は多くなるだろう。

おすすめの記事