「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【MLB・2017-2018】トレードもメジャー級!オフの主な移籍情報

2018 1/19 18:29mono
野球ボール、グローブ
このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年MVPスタントン選手がヤンキースへ!

現時点において、もっともビッグニュースとなったのは、ジアンカルロ・スタントン選手のマーリンズからヤンキースへのトレードだろう。交換相手はスターリン・カストロ選手、そしてふたりのマイナー選手だった。
スタントン選手は2017年シーズンに打率.281、59本塁打、132打点の成績で本塁打王、打点王の二冠を獲得。ナショナルリーグMVPにも選ばれたスター選手である。
そんな選手がトレードに出されるのがMLBの移籍市場なのだ。日本で例えると筒香嘉智選手(DeNA)がトレードされるようなものだろうか。

スタントン選手の年俸は1450万ドル(2017年)だったが、2500万ドル(2018年)に跳ね上がることもあり、兼ねてからトレードの噂はあった。それがマーリンズのオーナー交代により、加速したのである。
移籍先であるヤンキースには、2017年のアメリカンリーグ本塁打王(52本塁打)であるアーロン・ジャッジ選手が所属。2018年シーズンは前年の両リーグ本塁打王がそろい踏みする打線を形成することになった。

また両選手ともに右翼が定位置ではあるが、ヤンキースは指名打者制のあるアメリカンリーグ所属。スタントン選手が指名打者におさまり、ジャッジ選手が右翼を守ることになりそうだ。
ふたりで111本塁打と破壊力ある選手が揃ったヤンキース。田中将大選手をはじめとした投手陣たちにも嬉しい知らせだろう。

マーリンズはスタントン選手だけじゃなくオズナ選手もトレード!

スタントン選手をトレードで放出したマーリンズは外野の一角であるマーセル・オズナ選手もトレードで放出した。2017年シーズンのオズナ選手はキャリアハイとなる打率.312、37本塁打、124打点の成績をマーク。
チームは低迷したものの、スタントン選手らとともに奮闘したひとりでもある。

オズナ選手は1990年生まれとまだ若く、今後チームの柱となることが期待されていたが、マイナー4選手とのトレードでチームを去ることになった。マーリンズはスタントン選手、オズナ選手とレギュラー外野手を次々に放出し、第4の外野手としてプレーしたイチロー選手との契約も結んでいない。
オーナーには人件費削減の命題があることは理解できるが、ファンから批判の声が相次いでいる。その声を結果で覆すことができるだろうか。

おすすめの記事