大谷選手が入団するエンゼルスはどんなチーム? | SPAIA

「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

大谷選手が入団するエンゼルスはどんなチーム?


2017年のエンゼルスは地区2位も負け越し

エンゼルスはディズニーランドがあるアナハイムに本拠地(エンゼル・スタジアム・オブ・アナハイム)を置いており、アメリカンリーグ西地区に属している。シアトル・マリナーズ、オークランド・アスレチックス、テキサス・レンジャーズ、そして2017年シーズンの王者であるヒューストン・アストロズと同地区だ。

1961年の球団創設以来、地区優勝は9回。2002年にワールドチャンピオンにも輝いている。この年に地区優勝はしておらず、ワイルドカードからのチャンピオン奪取でもあった。
指揮を執るマイク・ソーシア監督は2000年から18年間在籍。2018年は19年目のシーズンを迎え、球団の顔にもなっている。

2017年シーズンは80勝82敗と負け越しながらもアストロズに次ぐ地区2位となった。メジャーリーグを代表するスター選手であるマイク・トラウト選手がケガで戦列を離れる期間があり低迷してしまった。
2018年シーズンは大谷選手の加入とともにチャンピオンへと挑むことになる。

日本人選手では長谷川滋利選手が1997年に入団。当時のチーム名はアナハイム・エンゼルスだった。
以降、2010年には松井秀喜選手、2011年から2012年途中まで高橋尚成選手が在籍。それ以降、日本人選手は不在が続いていた。

2018年の先発ローテーション候補は?

二刀流での活躍が期待される大谷選手。まず、現在の先発ローテーションを見てみたい。エースはギャレット・リチャーズ選手だ。2014年、2015年に2年連続2桁勝利を挙げたものの、故障でここ2年は低迷。
2018年は復活をかけて臨むことになる。リチャーズ選手に続くのは2014年の日米野球にも来日したマット・シューメーカー選手だ。2014年には先発、中継ぎで活躍し16勝をマークしている。

その他にはタイラー・スキャッグス選手、JC.ラミレス選手らが続く。また、大谷選手の二刀流を援護するために先発6人体制も示唆されており、新たな投手の獲得があるかもしれない。
メジャーリーグは日本よりも移籍が活発ということもあり、シーズン開幕までに陣容が大きく変わる可能性もある。最新情報は日々チェックしていきたい。

2017年指名打者はだれだった?

2017年シーズンに指名打者で最も多く先発出場を果たしたのは、アルバート・プホルス選手(先発142試合)だ。2001年にメジャーデビューを果たしたプホルス選手は、10年連続3割、30本塁打、100打点以上をマークしたメジャーリーグを代表する打者だ。

2011年オフにセントルイス・カージナルスからエンゼルスへ移籍してからは若干の衰えが見られるものの、まだまだ主力として君臨している。元来、一塁手のプホルス選手は近年指名打者での出場が多かったものの、2018年は一塁手としての出場が濃厚。大谷選手と指名打者を併用しながら戦うことになりそうだ。

注目はスーパースターのトラウト選手ら

大谷選手と一緒に戦うチームメートの中で注目したいのは、やはりマイク・トラウト選手だ。2011年にメジャーデビューを果たし、翌2012年からレギュラーに定着しルーキーオブザイヤー(新人王)を受賞。

毎年のようにMVP投票で上位につけ、2014年、2016年と2度にわたりア・リーグMVP を受賞している。走攻守全てにおいてハイレベルのパフォーマンスを残しており、現在の最強プレーヤーと言っても過言ではないだろう。
プホルス選手、トラウト選手の最強打者コンビに『オオタニ』が加わることに期待が掛かる。

また、2017年シーズンに3年ぶりとなるゴールドグラブ賞を受賞したアンドレルトン・シモンズ選手にも注目したい。卓越した守備能力を誇り、アトランタ・ブレーブス時代の2013年、2014年を含め3度にわたって同賞を受賞。
守備で魅せることのできるプレーヤーのひとりだ。その守備範囲、送球能力は大谷選手の大きな助けとなるだろう。オランダ領であるキュラソー島出身で2017年に開催された第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)にはオランダ代表としてプレーしている。

2017年シーズンは、キャリア最多となる35本塁打をマークしたジャスティン・アップトン選手も忘れてはいけない。2007年にアリゾナ・ダイヤモンドバックスでメジャーデビューを果たしてから、パワーヒッターとして活躍。
打撃タイトルの獲得はないが、3度シルバースラッガー賞(2011年、2014年、2017年)を受賞している。その他にもプホルス選手、上位打線を任されることの多いコール・カルフーン選手らもいる。

このように強打者、守備の名手が在籍するエンザルス。大谷選手はメジャーを代表する選手とともに主軸として打撃を、投手としてエース級の働きを期待されている。
ロサンゼルスという大都市のチームではあるが、ニューヨークなどよりは静かで過ごしやすい土地柄であり、周囲の雑音も入りにくいだろう。大谷選手が育つにはもってこいと言える。2018年、日本球界の至宝が世界へ羽ばたく姿を見守っていきたい。

おすすめの記事

関連記事

Bリーグ 試合結果・経過

B1
B2

本日開催される試合はありません

本日開催される試合はありません

B1 順位表

東地区
中地区
西地区
:Bリーグ チャンピオンシップ出場チーム
:B1 残留プレーオフ出場チーム
チーム勝率
{{club.Rank}}{{club.TeamNameS}}
{{club.WinningCount}}{{club.LosingCount}}{{trimFirstZero(club.WinningRate)}}{{getFormattedGameBehind(club)}}
:Bリーグ チャンピオンシップ出場チーム
:B1 残留プレーオフ出場チーム
チーム勝率
{{club.Rank}}{{club.TeamNameS}}
{{club.WinningCount}}{{club.LosingCount}}{{trimFirstZero(club.WinningRate)}}{{getFormattedGameBehind(club)}}
:Bリーグ チャンピオンシップ出場チーム
:B1 残留プレーオフ出場チーム
チーム勝率
{{club.Rank}}{{club.TeamNameS}}
{{club.WinningCount}}{{club.LosingCount}}{{trimFirstZero(club.WinningRate)}}{{getFormattedGameBehind(club)}}

2017年 プロ野球 OPS順位

セ・リーグ
パ・リーグ
 選手名・所属チームOPS 
{{index + 1}}{{item.raw.Name}}{{item.raw['ShortName-Team']}}{{item.metrics.ops.toFixed(3)}}{{item.metrics.ops.toFixed(3).substring(1)}}
 選手名・所属チームOPS 
{{index + 1}}{{item.raw.Name}}{{item.raw['ShortName-Team']}}{{item.metrics.ops.toFixed(3)}}{{item.metrics.ops.toFixed(3).substring(1)}}
SPAIA スポーツコラム ライター募集中!