「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

圧倒的打力で世界一⁉MLBワールドシリーズ総括

2017 12/6 14:12Mimu
野球場
このエントリーをはてなブックマークに追加

さまざまなポイントから注目が集まっていたワールドシリーズ

2017年MLBワールドシリーズ、ドジャース対アストロズの顔合わせとなったこのシリーズは、4勝3敗でアストロズが栄光をつかんだ。ドジャースには前田健太や、7月にレンジャースから移籍してきたダルビッシュ有らがおり、日本でも非常に注目が高かったが、アストロズ選手たちの勝負強さが勝った形だ。

昔からのMLBファンにとっては、違った見方ができるシリーズともなった。実はこの2チームは、かつて同地区に所属していたのだ。
1994年までは2チームともナリーグ西地区に所属。95年からはアストロズが中地区へ移動したのだが、この当時はレギュラーシーズンで何度も試合をしていた2チームだった。だが2014年、アストロズがアリーグへと移動し、ワールドシリーズでしか対戦できなくなった。

チームカラーが対照的な2チーム!ドジャースは投手力で勝負

今回の2チーム、チームカラーが非常に対称的なのも面白い。今シーズンのドジャースは30球団でもNo.1を誇る投手力を持ち、そしてアストロズは30球団No.1の強力打線を持つ。
ドジャース投手陣vsアストロズ野手陣、シンプルな構図ながらまったく真逆のカラーを持つ2チームの激突に、注目が集まった。戦力を比較してみよう。

ドジャース投手陣は、クレイトン・カーショウを中心として、2桁勝利が5人。ダルビッシュ・前田の日本人選手2人も揃ってフル回転のシーズンであった。
チーム防御率3.38はナリーグトップ。後ろも盤石で、僅差のゲームをものにしてきた。

クレイトン・カーショウ 27試合 18勝4敗 202奪三振 防御率2.31
※最多勝、最優秀防御率
【リッチ・ヒル】25試合 12勝8敗 166奪三振 防御率3.32
【アレックス・ウッド】27試合 16勝3敗 151奪三振 防御率2.72
【ダルビッシュ有】31試合 10勝12敗 209奪三振 防御率3.86
【前田健太】29試合 13勝6敗 140奪三振 防御率4.22
【ジョシュ・フィールズ】57試合 5勝0敗2セーブ 60奪三振 防御率2.84
【ルイス・アビラン 】61試合 2勝3敗 52奪三振 防御率2.93
【トニー・ワトソン】71試合 7勝4敗10セーブ 53奪三振 防御率3.38
【ペドロ・バイエズ】66試合 3勝6敗 64奪三振 防御率2.95
【ケンリー・ジャンセン】65合 5勝0敗41セーブ 109奪三振 防御率1.32

おすすめの記事