「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

比較したらこんなに違う!日本プロ野球とMLBのドラフト会議

2017 7/10 10:25ryo_o
野球場
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Beto Chagas/Shutterstock.com

ドラフトといえば、近年の日本プロ野球界ではくじ引きが行われ、毎年ドラマが生まれている。 近年、日本のドラフトも何度も制度が改められ、やっと現在の形になったとはいえ、やはりMLBのドラフトとは大きく異なる。その違いを比較してみよう。

現行の日本プロ野球のドラフト制度

以前まで日本のプロ野球ドラフト制度には、自由獲得枠や希望枠といった制度があった。なので、特にドラフト1位で指名されるような有力選手のほとんどは、高校生を除きドラフト実施前に入団する球団が既に決まっている、という状況が長く続いた。
ところが、その裏で不正な金銭のやり取りが発覚。その後、高校生と大学生・社会人の分離ドラフトなどを経て、現在ではドラフト1位は、純粋な指名制となり、仮に氏名が重複した場合には抽選を行い、その後は下位チームから上位チーム、上位チームから下位チームの順番で、指名を行うウェーバー制が採用されている。

MLBは原則として完全ウェーバー制

MLBドラフト制度は、日本のドラフト制度に比べ、さらに各球団の戦力均衡を目指したものとなっている。 特にその特徴がよく表れているのが、ウェーバー制の実施だ。
ウェーバー制とは、基本的には前年度成績を反映し、プレイオフに進出できなかったチームの抽選の後、その指名順に選手を指名するという制度だ。
つまり下位球団は、金銭がかかるFAやトレードといった手段をとらず、アマチュアなので育成する必要はあるものの、ドラフトで比較的有望な選手を獲得することができるのだ。 もちろん、後記する各種制度も存在している。

おすすめの記事