「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

2010年代にMLBドラフト全体1位で指名された選手とその後の活躍

2017 7/10 10:25ryo_o
野球ボール、グローブ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by bigjom jom/Shutterstock.com

MLBは日本よりも球団が多く、当然指名される選手の数も非常に多いといえる。 その中で全体1位に選ばれる選手は、当たり前だが一人しかおらず、将来のスター選手という期待を抱かれて入団する。 2010年代のドラフト1位選手がその期待に応えられているかをみてみよう。

2015年のMVP、ブライス・ハーパー選手

2010年ドラフト全体1位指名を受けたのがブライス・ハーパー選手だ。
ワシントン・ナショナルズから1位指名を受けたハーパー選手は、2012年に獲得した新人王を皮切りに、2015年には本塁打王とMVP、シルバースラッガー賞にハンクアーロン賞と打撃タイトルを総なめにしている。
高卒新人でありながらプロ2年目には頭角を現し、現在では主力選手として活躍するハーパー選手。彼は、強肩と素晴らしい打撃が持ち味の外野手であり、本人も殿堂入りを目指している等今後も活躍が見込まれる。現在もすでに、アレックス・ロドリゲスやグリフィー・ジュニアら、高卒新人で伝説的な活躍をした選手と比較される逸材だ。

2015年にオールスターに出場、ゲリット・コール投手

上記のハーパー選手の次の年、2011年に全体1位でピッツバーグ・パイレーツからドラフト指名を受けたのがゲリット・コール投手だ。
高校時代から157キロ以上を記録し、注目を集め、実際にヤンキースからの1位指名(全体では28位)も受けたが、これを蹴ってUCLAに進学している。
制球力・球威に加え、最速161キロを記録するストレートを武器に、全体1位の名に相応しい活躍を入団1年目から続け、最終的に19勝を挙げることになる2015年シーズンには、MLBオールスターに選出された。

おすすめの記事