「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

1970年代におけるMLBドラフト全体1位は誰だった?

2017 7/10 10:25cut
野球ボール、グローブ、ヘルメット
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Thorsten Schmitt/Shutterstock.com

日本のドラフトでは、1位指名選手を全球団が入札し、指名が重複した際に抽選を行う。MLBのドラフトで抽選は行われず、完全ウエーバー制で繰り広げられる。その、最も早い指名が「全体1位」と呼ばれるのだ。今回は1970年代の全体1位を紹介する。

1970年代のドラフト全体1位指名選手は誰がいた?

1965年に開始したMLBのドラフトも定着した1970年代。このディケイドに指名された選手は、日本人にもなじみのある選手が多くなっている。それはMLBでプレー後に、日本球界へやって来たからだ。
特に1978年全体1位のボブ・ホーナー選手は、強烈なインパクトを残していったので記憶に残っている方も多いだろう。
【1970年代全体1位選手一覧】
1970年:マイク・アイビー選手(サンディエゴ・パドレス)
1971年:ダニー・グッドウィン選手(シカゴ・ホワイトソックス)
1972年:デーブ・ロバーツ選手(サンディエゴ・パドレス)
1973年:デビッド・クライド選手(テキサス・レンジャーズ)
1974年:ビル・アーモン選手(サンディエゴ・パドレス)
1975年:ダニー・グッドウィン選手(カリフォルニア・エンゼルス)
1976年:フロイド・バニスター選手(ヒューストン・アストロズ)
1977年:ハロイド・ベインズ選手(シカゴ・ホワイトソックス)
1978年:ボブ・ホーナー選手(アトランタ・ブレーブス)
1979年:アル・チャンバーズ選手(シアトル・マリナーズ)

1975年:ダニー・グッドウィン選手

1975年の全体1位はカリフォルニア・エンゼルスから指名されたダニー・グッドウィン選手だった。グッドウィン選手は1971年にシカゴ・ホワイトソックスからも全体1位指名受けていたが入団せず、2回目の指名だった。
指名年度である1975年にメジャーデビューを果たしたグッドウィン選手だが、大きな実績を残すことはできなかった。1982年を最後にMLBでは出場を果たせずにいたが、1986年に日本の南海ホークスへ移籍。しかし、日本でも実績を残せず、1年で解雇となっている。

おすすめの記事