「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

数々の本塁打記録を!ベーブ・ルース選手【球史に名を残した偉人達】

2018 1/3 12:56cut
ベーブ・ルース
このエントリーをはてなブックマークに追加

二刀流としてのキャリアスタート

1914年ベーブ・ルース選手は、ボストン・レッドソックスでメジャーリーガーとしての経歴をスタートさせた。19歳だったベーブ・ルース選手は投手として2勝1敗、打者として打率.200、0本塁打、0打点と目立つ成績を残していない。目を見張るような成績を残すようになったのは、翌1915年からだ。投手として18勝8敗、防御率2.44。打者として打率.315、4本塁打、20打点の成績を残す。
この成績からもわかるように、当初は投手として才能が開花した。4年連続で2ケタ勝利をマークし、1918年には史上唯一となる2ケタ勝利(13勝)、2ケタ本塁打(11本塁打)を記録している。およそ100年経過した2017年現在メジャーリーグでは2ケタ勝利、2ケタ本塁打を達成した選手はいない。この記録を達成したのは、日本プロ野球界の北海道日本ハムファイターズ・大谷翔平選手ただひとりだ。
1920年にニューヨークヤンキースへ移籍し15年間を過ごした後、1935年にボストン・ブレーブスで現役を終えているベーブ・ルース選手。投手、野手双方でタイトルを獲得し、その他にも数多くの記録を樹立している。

数多くのタイトルを獲得

ベーブ・ルース選手は、投手として1916年に最優秀防御率のタイトルを獲得。44試合に登板し23勝12敗、323.2回を投げ170奪三振、118与四球、防御率1.75の成績だった。44試合中40試合が先発登板であり、完投数は9。これは、どちらもリーグ最多の数字だ。23勝はベーブ・ルース選手とともに殿堂入りを果たした、ウォルター・ジョンソン選手の25勝には及ばなかったものの堂々の3位だった。

【投手としてのタイトル】

最優秀防御率:1回(1918年)
このように投手としても一流の成績を残したベーブ・ルース選手だが、打者としてのタイトルはこの記録をはるかにしのぐ。

本塁打王:12回(1918年、1919年、1920年、1921年、1923年、1924年、1926年、1927年、1928年、1929年、1930年、1931年)
打点王:6回(1919年、1920年、1921年、1923年、1926年、1928年)
首位打者:1回(1924年)

本塁打王12回、打点王6回、首位打者1回を獲得しており、三冠王のチャンスもあった。生涯唯一の首位打者を獲得した1924年は、124打点をマークしたものの、129打点をマークしたグース・ゴスリン選手に5打点及ばず2位に終わっている。これだけのタイトルを獲得しているにも関わらず、ベーブ・ルース選手はMVPの受賞は1923年の1度だけしかない。
MVPの表彰が現在の形と同様になったのは1931年からということと、1921年以前はMVPに相当する表彰が無かったことも影響している。

おすすめの記事