「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

アリゾナ・ダイヤモンドバックスの永久欠番はいくつある?

2017 6/13 12:41cut
ダイヤモンドバックス,チーム
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Rena Schild / Shutterstock.com

ロサンゼルス・ドジャース、サンフランシスコ・ジャイアンツといった強豪チームと同地区のため、近年は苦戦が続いているアリゾナ・ダイヤモンドバックス。 創設から日が浅いチームではあるが、永久欠番も存在する。 今回はそんなダイヤモンドバックスの永久欠番を紹介する。

アリゾナ・ダイヤモンドバックスってどんなチーム?

アリゾナ・ダイヤモンドバックスは、ナショナルリーグ西地区に所属するチームだ。創設は1998年で新しいチームでもある。
創設直後は弱小チームとなるのが常だが、ダイヤモンドバックスは創設2年目で地区優勝を果たした。そして4年目の2001年にワールドチャンピオンになるなど、新興チームではないかのような快進撃を見せたのだ。 日本人選手では斎藤隆選手が所属し、2016年には中後悠平選手もマイナーに所属していたチームだ。

アリゾナ・ダイヤモンドバックスの永久欠番は3名

2017年開幕前の時点でダイヤモンドバックスの永久欠番は「20」「42」「51」の3つだ。「42」はMLB全球団で永久欠番となっているジャッキー・ロビンソン選手の背番号であるため、ダイヤモンドバックス独自の永久欠番は2つだ。
1998年に創設された新興球団のため、永久欠番が少ないのは仕方のないことだろう。アメリカ野球殿堂入りも少なく、ロベルト・アロマー選手、ランディー・ジョンソン選手の2名となっている。

おすすめの記事