「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

MLBを知ろう!シアトル・マリナーズの永久欠番はいくつある?

2017 6/13 12:41cut
マリナーズ,チーム
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Alan C. Heison / Shutterstock.com

日本のMLBファンに最も人気があるといっても過言ではないシアトル・マリナーズ。 イチロー選手が在籍したことで2001年から人気チームとなった。 そのマリナーズの永久欠番はいくつあるのだろうか? マリナーズの永久欠番を探っていきたい。

シアトル・マリナーズはどんなチーム?

1977年に創設されたシアトル・マリナーズは、アメリカンリーグ西地区に所属している。イチロー選手が長きにわたり在籍していたことで日本人ファンにもなじみのある球団だ。イチロー選手以外にも、佐々木主浩選手、長谷川滋利選手、青木宣親選手、岩隈久志選手らが在籍していた。
2016年終了時点で地区優勝はあるが、ワールドシリーズ制覇、リーグ優勝の経験はない。イチロー選手の加入した2001年にMLBタイ記録となるシーズン116勝を達成したが、リーグ優勝には手が届かなかった。

マリナーズの永久欠番は3つ

マリナーズの永久欠番は「11」「24」「42」の3つとなる。「42」はMLB全球団共通の永久欠番であるジャッキー・ロビンソン選手の番号となっているため、マリナーズ独自の永久欠番は「11」「24」の2つになる。
ケン・グリフィー・ジュニア選手の「24」は2016年、エドガー・マルティネス選手の「11」は2017年に永久欠番に指定されており、1977年の球団創設から約40年間は球団独自の永久欠番は存在しなかった。

おすすめの記事