「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

MLBを知ろう!カンザスシティ・ロイヤルズの永久欠番はいくつある?

2017 6/13 12:41cut
ロイヤルズ,ホーム
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Frank Romeo / Shutterstock.com

イチロー選手やダルビッシュ有選手らの活躍もあり、メジャーリーグ中継が日常的に見られるようになった。 30チームが所属しているメジャーリーグの各球団について、少しずつ覚えていきたい方もいるのではないだろうか。 今回はカンザスシティ・ロイヤルズの永久欠番について紹介する。

カンザスシティ・ロイヤルズはどんなチーム?

カンザスシティ・ロイヤルズは、アメリカンリーグ中地区に所属しており、近年は2015年にワールドチャンピオンに輝くなど上位争いを続けている。日本人選手では、青木宣親選手が2014年に在籍していた。
1985年にワールドチャンピオンになって以降、長らく低迷期が続いたが、2014年にリーグチャンピオン、2015年には30年ぶりとなるワールドシリーズ制覇を成し遂げている。また、本拠地であるカウフマン・スタジアムは外野席に大きな噴水があり、メジャーでも美しい球場として知られている。

ロイヤルズの永久欠番は4つ

2016年シーズン終了時点でロイヤルズの永久欠番は「5」「10」「20」「42」と4つ制定されている。「42」は全球団共通の永久欠番であるジャッキー・ロビンソン選手なので、ロイヤルズ独自の永久欠番は3つだ。
1969年に創設されたロイヤルズは、およそ半世紀の間に3つの永久欠番を制定したことになる。その中で選手としての欠番は「5」のジョージ・ブレット選手、「20」のフランク・ホワイト選手の2名だ。「10」のディック・ハウザー氏は、選手としてではなく監督としての栄誉が讃えられ永久欠番となった。

おすすめの記事