「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

MLBを知ろう!サンディエゴ・パドレスの永久欠番はいくつある?

2017 6/13 12:41cut
サンディエゴ,チーム
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Keeton Gale / Shutterstock.com

サンディエゴ・パドレスは、大塚晶則選手が在籍したチームということもあり、日本でも知っている方は多いだろう。 しかし、近年は低迷していることもあり、印象が薄くなっている感は否めない。 今回はそんなサンディエゴ・パドレスの永久欠番について紹介する。

サンディエゴ・パドレスはどんなチーム?

1969年に創設されたサンディエゴ・パドレスは、ナショナルリーグ西地区に所属している。2016年シーズン終了時点でワールドシリーズ制覇の経験はなく、最高成績は1984年、1998年のリーグチャンピオンだ。5回の地区優勝経験もあるが、直近でも2006年となっており、10年以上優勝から遠ざかっていることになる。
同地区に強豪ロサンゼルス・ドジャース、サンフランシスコ・ジャイアンツが所属しているが、久々の優勝に期待がかかる。本拠地のペトコパークは打者不利のスタジアムとして知られており、2012年オフに改修工事が行われた。

パドレスの永久欠番は6つ

パドレスの永久欠番は「6」「19」「31」「35」「42」「51」の6つになる。「42」はMLB全球団共通の永久欠番であるジャッキー・ロビンソン選手の番号であるため、パドレス独自の永久欠番は5つになる。
約50年の歴史があるパドレスは、約10年に1人の割合で永久欠番になる選手が育っている。直近で永久欠番になったのは、MLB史上初めて600セーブを達成したトレバー・ホフマン選手の背負っていた「51」で、現役引退後の2011年に選定されている。

おすすめの記事