「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【2016-2017】テキサス・レンジャーズのチーム状況を解説!

2017 1/30 12:29
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Keeton Gale/Shutterstock.com

ダルビッシュ有選手が所属することで日本でもおなじみとなっているテキサス・レンジャーズ。 2016年シーズンは地区優勝を果たしたものの、ディビジョンシリーズで涙をのみました。 そんなテキサス・レンジャーズの振り返りと2017年シーズンへの展望、注目選手を紹介します。

テキサス・レンジャーズの歴史

テキサス・レンジャーズは、1961年に創設されたワシントン・セネタースを前身とする球団で、現在はアメリカン・リーグ西地区に所属しています。ホーム球場はアーリントンにあるグローバルライフ・パーク・イン・アーリントンとなっています。
ワールドチャンピオンを勝ち取ったことはなく、2010年、2011年のリーグチャンピオンが最高成績となっています。2011年のワールドシリーズでは、あと1球の状態に2度持ち込んだものの、チャンピオンには手が届きませんでした。

テキサス・レンジャーズの2016年シーズン総括

2016年のテキサス・レンジャーズは、2015年に最下位から地区優勝まで浮上させたジェフ・バニスター監督が継続して指揮を執り、開幕から上位をキープします。主砲であるプリンス・フィルダー選手が、首の故障で突然の現役引退というアクシデントがあったものの、95勝をマークして2年連続の地区優勝、そして、アメリカンリーグの最高勝率を達成します。
創設以来初のワールドチャンピオンを目指してポストシーズンに挑みますが、ワイルドカードから勝ち上がってきたトロント・ブルージェイズに3連敗を喫してシーズンが終了してしまいました。

おすすめの記事