「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【2016-2017】シアトル・マリナーズのチーム状況を解説

2017 1/30 12:29
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Alan C. Heison/Shutterstock.com

イチロー選手、岩隈久志選手、青木宣親選手をはじめとして多くの日本人選手が在籍したシアトル・マリナーズ。 そんなシアトル・マリナーズの振り返りと2017年シーズンへの展望、注目選手を紹介します。

シアトル・マリナーズの歴史

シアトル・マリナーズは1977年に設立されたチームで、アメリカン・リーグ西地区に所属しています。設立から2016年シーズン終了までワールドシリーズ進出、リーグ優勝がアメリカンリーグ15チームの中で唯一ありません。1995年、1997年に2度の地区優勝を果たしますが、リーグ優勝は果たせませんでした。
2001年に日本からイチロー選手が加入し、リーグ116勝というメジャーリーグタイ記録を樹立してポストシーズンに臨みます。しかし、2001年もリーグ優勝を果たすことができませんでした。2002年以降、2016年までポストシーズン進出はできていません。

シアトル・マリナーズの2016年シーズン総括

2016年のシアトル・マリナーズは、ポストシーズン進出を果たすことはできませんでしたが、2007年以来の地区2位となるなど、上昇の兆しが見え始めました。2016年に就任したスコット・サーバイス監督の手腕によるものもあるでしょう。
投手陣はフェリックス・ヘルナンデス選手、岩隈久志選手の両選手が2ケタ勝利を挙げて柱になると、新人のエドウィン・ディアズ選手がクローザーとして機能しました。
打撃陣はロビンソン・カノ選手、カイル・シーガー選手、ネルソン・クルーズ選手らが中心となり、リーグ2位となる223本塁打を放っています。2017年はあとわずかの上積みでポストシーズンに手が届きそうです。

おすすめの記事