「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【2016-2017】デトロイト・タイガースのチーム状況を解説

2017 1/30 12:29
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Photo Works/Shutterstock.com

阪神タイガースに所属していたセシル・フィルダー選手が過去に在籍していたデトロイト・タイガース。 2016年は残念な結果に終わってしまいました。 そんなデトロイト・タイガースの2016年の振り返りと2017年の展望、注目選手を紹介します。

デトロイト・タイガースの歴史

デトロイト・タイガースは、1894年に創設され、創設100年以上を誇る伝統のある球団です。本拠地はデトロイトにあるコメリカパークとなっています。リーグ優勝11回、ワールドチャンピオンも4回達成していますが、最後にワールドシリーズを制覇したのは1984年と30年以上も前となっており、デトロイトのファンは5回目のワールドチャンピオンを待ち望んでいます。
名選手も多く在籍し、球聖と呼ばれたタイ・カッブ選手、3000本安打を達成しているデトロイト・タイガース一筋22年のアル・ケーライン選手らが所属していました。日本人選手では木田優夫選手、野茂英雄選手が所属したことがあります。

デトロイト・タイガースの2016年シーズン総括

デトロイト・タイガースの2016年シーズンは、最後までプレーオフ争いを演じたものの、ポストシーズンへの出場は果たせませんでした。しかし、アメリカンリーグ中地区で83勝を挙げて2位につけており、2017年シーズンへ未来が見えたシーズンでもありました。
新人のマイケル・フルマー投手が活躍し、ジャスティン・バーランダー投手が復活。この2人の試合は万全でしたが、その他の先発陣が崩れたのが敗因とも言えるでしょう。打撃陣はミゲル・カブレラ選手、イアン・キンズラー選手といった中心選手が実績通りに働いてくれました。

おすすめの記事