「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【2016-2017】クリーブランド・インディアンスのチーム状況

2017 1/30 12:29
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Keeton Gale/Shutterstock.com

2016年、シカゴ・カブスと激闘の末に残念ながらワールドチャンピオンにはなれなかったクリーブランド・インディアンス。 2017年は雪辱を果たしたいところです。 そんなクリーブランド・インディアンスの振り返りと2017年シーズンへの展望、注目選手を紹介します。

クリーブランド・インディアンスの歴史

クリーブランド・インディアンスは、1901年に創設された100年以上の歴史を誇るチームです。創設当時の中心選手は、アメリカ野球殿堂入りも果たしているナップ・ラジョイ選手だったこともあり、ナップスとも呼ばれていました。
1920年、1948年にワールドシリーズを制覇しましたが、それ以降は低迷し、1995年までポストシーズンへ進出できませんでした。当時は弱いチームの代名詞にもなっており、映画「メジャーリーグ」のモデルにもなっています。
その後、1995年から地区5連覇を果たすなど、強さを取り戻し、2016年にもワールドシリーズンへ進出を果たしています。

クリーブランド・インディアンスの2016年シーズン総括

クリーブランド・インディアンスは2016年に1997年以来19年ぶりにリーグ優勝を果たしました。6月4日に地区首位に立った後は、一度も首位の座を明け渡すことなく独走。最終的にアメリカン・リーグ中地区の2位であるデトロイト・タイガースに8ゲーム差をつける圧勝でした。
投手陣はコーリー・クリューバー投手ら5人が2ケタ勝利をマークし、コディ・アレン投手、アンドリュー・ミラー投手の中継ぎ陣もしっかりと役割を果たしました。打撃陣もホゼ・ラミレス選手、フランシスコ・リンドーア選手の三遊間が打率3割をマークするなど、投打が噛み合ったのが躍進の要因です。

おすすめの記事