「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

カンザスシティ・ロイヤルズの2016-2017を解説

2017 1/30 12:29
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典: https://www.baseballchannel.jp

カンザスシティ・ロイヤルズは、アメリカの田舎町であるカンザス州に所在していることもあり、地元の人を中心に多くの人から親しまれている球団です。 本稿では、ロイヤルズの2016年のオフと2017年のシーズンの展望を解説します。

カンザスシティ・ロイヤルズって?

カンザスシティ・ロイヤルズは、1969年のMLB球団拡張により誕生した、比較的歴史の浅い球団です。
1985年にワールドシリーズを制覇するなど、そこまでは安定した成績を残し続けたのですが、それ以降は長いトンネルに入り、28年連続ポストシーズン出場なしという不名誉な成績を残してしまいました。
低迷を脱したのは2013年からで、プレーオフ進出を争うと、青木宣親選手が加入した2014年はアメリカンリーグ優勝、翌年は連覇を成し遂げて、ワールドシリーズも制覇するという一転して最強の球団となったのです。

野手陣は中途半端な成績に終始

2016年のロイヤルズは、ここ2年の成績から一変してポストシーズン進出を逃す結果に終わりました。
野手陣を見てみると、チーム打率は5位ながらも突出した成績を残した選手はいないという状況、さらに本塁打数は15位という中途半端な成績に終わってしまいました。
課題が多いだけに若手選手の活躍が必要になっており、来シーズンはマイナーから昇格した有望株といえる選手を積極的にスタメン起用する可能性があるかもしれません。

おすすめの記事