「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

世界一奪回へ!ボストン・レッドソックスの2016-2017を解説

2017 1/30 12:29
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by: Joyce Vincent/Shutterstock.com

2013年に6年ぶりのワールドシリーズ制覇を成し遂げたボストン・レッドソックス。 2016年は東地区で優勝したものの、ディビジョンシリーズで敗退しました。2017年シーズンはどうなるのでしょうか? ボストン・レッドソックスの歴史と2016-2017シーズン展望を解説します。

ボストン・レッドソックスの概要

ボストン・レッドソックスは、1901年創設のチームです。1903年、1912年、1915年、1916年、1918年にワールドシリーズを制覇し、20世紀初期の黄金時代を迎えました。しかし、1919年にバンビーノの愛称で知られたベーブ・ルース氏が移籍すると2004年まで86年間、ワールドシリーズ制覇から遠ざかりました。このことはバンビーノの呪いとして知られています。
2007年から2012年までは松坂大輔投手、2007年から2011年までは岡島秀樹投手、2009年から2016年までは田澤純一投手、2013年から2016年までは上原浩治投手が所属し、日本人ファンの多いチームです。本拠地のフェンウェイ・パークは現在MLB球団の本拠地球場で最古の球場です。

ボストン・レッドソックスの最近のチーム成績

2004年に86年ぶりのワールドシリーズ制覇を成し遂げたボストン・レッドソックスは、2007年にもワールドシリーズを制覇します。日本人選手の松坂大輔投手、岡島秀樹投手の活躍、ケビン・ユーキリス選手、デビッド・オルティーズ選手のクリーンアップの活躍、ジョシュ・ベケット投手、ジョナサン・パペルボン投手の活躍が印象深いです。
2013年には6年ぶりのワールドシリーズ制覇。抑えに抜擢された上原浩治投手の奮闘ぶりが記憶に残っている方も多いのではないでしょうか。

おすすめの記事