「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

メジャーに必ず這い上がってくる男”川崎宗則選手”

2017 8/17 16:20cut
cubs,mlb
このエントリーをはてなブックマークに追加

メジャー1年目のマリナーズでは幸先良いスタート

2011年のシーズンオフに川崎宗則選手は、ソフトバンクから海外FA権を用いてメジャーリーグ移籍を目指した。
日本に残れば3億円とも4億円とも言われていた年俸を捨て「マイナー契約でもいいから」と海を渡る。そんな、川崎宗則選手と契約をしたのは、憧れのイチロー選手の所属するシアトル・マリナーズだった。マリナーズはマイナー契約ながら、川崎選手と契約し春季キャンプに当たるスプリングトレーニングに招待選手として参加させたのだ。
メジャーリーグのスプリングトレーニングにおける招待選手は、数十名にも上り日ごとに数名ずつカットされながら日程をこなしていく。川崎選手はカットされること無く、スプリングトレーニング中に行われているオープン戦で好調を維持し開幕戦のロースター28名に選ばれる。
2012年シーズンのマリナーズは、アスレチックスとの開幕戦を東京ドームで行うことになっていた。遠い異国の地での開幕戦ということもあり、通常のロースター25名より3名多い28名がロースターと認められていたのだ。
日本での出場機会は訪れなかった川崎選手だが、アメリカに戻ってから行われた現地4月7日のアスレチックス戦でデビューを果たすと、2打席目で内野安打を放ち初安打、初打点をマークする。
マイナー契約で入団した川崎選手が、ほんとうの意味でマリナーズの一員になった日でもあった。
その後もマリナーズに帯同し61試合に出場する。守備固め、代走での起用がメインではあったがチームに貢献したことは間違いない。しかし、シーズン終了後に40人枠から外れマリナーズを自由契約となる。
川崎選手はこのオフも昨シーズンと同じようにチーム探しから始まったのだ。

2年目も移籍したブルージェイズでマイナースタート

スプリングトレーニングが始まる2月中旬になっても、川崎選手は所属チームが決まらなかった。日本に戻ってもおかしくないような状況でも川崎選手は諦めない。その甲斐もあり川崎選手はトロント・ブルージェイズと3月半ばに契約を結ぶ。1年目と同じくマイナー契約だった。川崎選手の2年目もマイナー契約からのスタートとなったのだ。
開幕からブルージェイズ傘下の3Aである、バッファロー・バイソンズでプレーを始める。メジャーリーグが開幕して1ヶ月経たないうちに、レギュラーショートであるホセ・レイエス選手が故障を発症し川崎選手はメジャーに昇格を果たす。
その後も故障選手が戻ってくると降格、次の故障者が出ると昇格を繰り返し川崎選手は便利屋として2年目を過ごす。出場試合数は1年目の61試合の約1.5倍となる96試合だった。川崎選手は故障者の穴埋めとしての役割をしっかりと果たしチームに貢献したのだ。
また、明るいキャラクターが売りの川崎選手はチームメートやファンに愛され人気者として現地のテレビ番組などにも出演を果たす。明るい気持ち、ポジティブな志向、こういったメンタルの強さが川崎選手をメジャーへと導いていたとも言えるだろう。

おすすめの記事