「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

メジャー3000本安打達成のイチロー選手と日本人投手の対戦成績は?

2017 6/13 14:49cut
ichiro、mlb
このエントリーをはてなブックマークに追加

初対戦で先輩の意地をみせた!イチロー選手対ダルビッシュ選手

2012年ダルビッシュ有選手(レンジャーズ)がメジャーリーグに挑戦し初めて対戦したのはイチロー選手のいるマリナーズだった。これは、多くの日本人野球ファンが待ち望んだ対戦がでもある。ダルビッシュ選手がデビューした2005年にイチロー選手は、既にメジャーリーグに移籍しており日本での対戦はない。日本で圧倒的な成績を残した投打のヒーローが海を超えて初対戦を迎えたのだ。
初回に訪れた第一打席、イチロー選手は2-2まで追い込まれる。そして、ファールで粘った後の6球目に154キロのストレートをうまくバットに乗せ三塁後方へポテンヒット。初対戦はイチロー選手が制した。この試合でイチロー選手はダルビッシュ選手から3安打を放つ。かつて、イチロー選手が野茂英雄選手(当時レッドソックス)に2打数ノーヒット1死球と貫禄を見せられたように先輩の意地を見せた。
イチロー選手はダルビッシュ選手の1年目に3試合の対戦があり11打数6安打、打率.545の成績を残す。完全にイチロー選手がダルビッシュ選手をカモにしたのだ。しかし、2013年は6打数1安打、打率.167、2014年は5打数ノーヒット、打率.000と年を追うごとにイチロー選手は封じ込められている。
2015年以降は対戦がない両選手だが、2017年はインターリーグでレンジャーズとマーリンズの対戦が組まれており3年ぶりの対戦を見ることができるかもしれない。

<イチロー選手対ダルビッシュ選手対戦成績>
打率.318(22打数7安打)、3三振

電撃トレードから2日後に初対戦!イチロー選手対岩隈選手

岩隈久志選手(マリナーズ)は2012年に日本からマリナーズに移籍しイチロー選手とはチームメートになった。しかし、イチロー選手の電撃的なトレードによって岩隈選手の初年度から対戦機会が訪れることになったのだ。
イチロー選手は2012年7月23日(現地時間)から組まれていたマリナーズ対ヤンキースの三連戦直前にトレードが決まる。その三連戦の三戦目が、岩隈選手の先発登板だったのだ。
思いがけない形で初対戦を迎えることになった、イチロー選手と岩隈選手の初対戦は3打数1安打だった。第3打席でイチロー選手がセンター前ヒットを放ったのだ。
それ以降、イチロー選手は岩隈選手からヒットを放つことはできておらず、9打席連続ノーヒットとなっている。イチロー選手は岩隈選手に雪辱を果たしたいところだ。2017年シーズンにマーリンズ対マリナーズのインターリーグは組まれているため2014年以来、3年ぶりの対戦に期待がかかる。

<イチロー選手対岩隈久志選手>
打率.091(11打数1安打)

おすすめの記事