「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

コロラド・ロッキーズ、2016-2017の展望を解説

2017 1/25 10:28
大リーグ コロラド
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Debby Wong/Shutterstock.com

ロッキー山脈の麓、標高1600mの高原に本拠を置く大リーグのコロラド・ロッキーズをご存じでしょうか。 かつては吉井理人投手や松井稼頭央選手が在籍したチームです。 ここではコロラド・ロッキーズの歴史や2016年の成績、2017年の展望について解説します。

コロラド・ロッキーズの歴史と戦歴

コロラド・ロッキーズはメジャーリーグのナショナル・リーグの西地区に所属するチームで、本拠地はコロラド州デンバーにあります。創設は新しく、メジャーリーグへの参加は1993年からです。
地区優勝の経験がなく、プレーオフにはワイルドカードで3回進出しています。2007年にはディビジョンシリーズ、リーグチャンピオンシップを7連勝で勝ち抜いて、ワールドシリーズに駒を進めましたが、ボストン・レッドソックスに4連敗で敗退しました。
ここ数年、西地区の最下位争いを繰り返してきましたが、2016年は3位と健闘しています。

2016年のチーム成績と特徴

コロラド・ロッキーズは本拠地が高地にあるせいか、ボールがよく飛び、元々バッティングに定評があるチームです。
2016年の攻撃陣の成績は打率.275でリーグ1位、本塁打数204本でリーグ3位、打点805でリーグ1位と、西地区を制してもおかしくない成績でした。
一方投手陣は、防御率4.91でリーグ13位、セーブ数37でリーグ12位と、下位に低迷しています。勝敗は75勝87敗と地区3位、リーグでも9位の成績でした。西地区はドジャースとジャイアンツが優勝を分け合っており、ここに割り込むには投手陣の立て直しが急務です。

おすすめの記事