「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

サンフランシスコ・ジャイアンツ、2016-2017の展望を解説

2017 1/25 10:28
大リーグ サンフランシスコ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Aspen Photo/Shutterstock.com

メジャーリーグ、サンフランシスコ・ジャイアンツ。 日本の人気球団と同じ名前がついていることもあり、気になっている方も多いのではないでしょうか。 ここではサンフランシスコ・ジャイアンツの最近のチーム成績、個人成績、補強状況をもとに、2016-2017の展望を解説します。

サンフランシスコ・ジャイアンツのご紹介

サンフランシスコ・ジャイアンツはメジャーリーグ、ナショナルリーグ西地区に所属する名門チームです。設立は1879年、当初はニューヨークが本拠地でした。
初めてのリーグ優勝は1888年、1905年にはワールドシリーズを制して初のチャンピオンになりました。以降リーグ優勝は23回を数え、そのうちワールドシリーズは8回制しています。
1957年サンフランシスコに移転、2005年には最速で10,000勝に到達しました。2016年の日本人選手在籍はありませんが、2015年には青木宣親選手、かっては村上雅則投手や新庄剛志選手がプレーしたチームです。

最近の成績と2016年成績

最近では、2010年、2012年、2014年と隔年でワールドチャンピオンに輝いています。2016年も期待されましたが、ワールドシリーズには進めていません。2016年は西地区で87勝75敗とドジャースに次ぐ2位でした。ワイルードカードをメッツと争って地区シリーズには駒を進めましたが、1勝3敗でカブスに敗れて姿を消しました。
レギュラーシーズンのチーム成績は、打率.258でリーグ4位、防御率3.65でリーグ4位とバランスは取れていますが、本塁打130本で13位、打点675で9位と、ここ一番での爆発力に欠ける部分がありました。

おすすめの記事