「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【詳細解説!】ピッツバーグ・パイレーツの2016-2017年

2017 1/25 10:28
メジャーリーグ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Keeton Gale/Shutterstock.com

野球大国・アメリカのプロ野球、メジャーリーグ(MLB)。 120年以上の歴史を誇り、今も多くの人が全米各地の球場に足を運んでいます。 本稿では、桑田真澄投手も所属したピッツバーグ・パイレーツの今シーズンを振り返り、来シーズンの展望について解説します。

若き日のバリー・ボンズ選手や桑田真澄選手も所属

ピッツバーグ・パイレーツは、アメリカ北東部ペンシルベニア州ピッツバーグを本拠地としています。1882年創設、1887年からナショナルリーグに所属する伝統あるチームです。
1990年代前半には若きバリー・ボンズが所属し、3年連続地区優勝を果たしましたが、それ以降は成績低迷が続いていました。しかし、ここ数年は回復の兆しを見せています。
また、2007年には桑田真澄選手が所属。日本が誇る名投手がキャリアを締めくくったチームとしても知られています。

復活の兆しを見せはじめた2013年

1993年から2012年にかけて20年連続シーズン負け越しという不名誉な記録を作ってしまったパイレーツ。
しかし、翌年からはフラッグシップディールも含めて選手補強が大当たり。また、チーム生え抜きのアンドルー・マッカチェン選手が首位打者争いを繰り広げるほどに台頭したこともあり、シーズン82勝以上を確定させてこの不名誉な記録をストップさせます。
さらにはこのシーズンにそのままポストシーズンに出場するなど、復活の兆しを見せはじめました。

おすすめの記事