「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【詳細解説!】セントルイス・カージナルスの2016-2017年

2017 1/25 10:28
メジャーリーグ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Aspen Photo/Shutterstock.com

アメリカが誇る4大プロスポーツの1つ、メジャーリーグ。 アメリカ全土にある30チームが、栄冠を目指して毎年4月から10月にかけて熱戦を繰り広げます。 本稿では、かつて田口壮氏も所属したセントルイス・カージナルスの今シーズンの結果、および来シーズンの展望について解説します。

1882年に誕生した歴史あるチーム

セントルイス・カージナルスは、アメリカ中西部、ミズーリ州セントルイスを本拠地とするプロ野球チームです。1882年に誕生した歴史のあるチームで、ワールドシリーズ優勝回数は11回。これはニューヨーク・ヤンキースと並び最多を誇ります。
シカゴ・カブスとライバル関係にありますが、古豪同士の両チーム、これまでの対戦回数は2000回を超えるとも言われています。チームロゴに鳥があしらわれていることで有名ですが、これは、Cardinalisがミズーリ州のシンボルである「ショウジョウコウカンチョウ」であることに由来しています。

選手育成を重視、ローコストのロースターを形成

カージナルスはメジャーリーグ屈指の健全経営チームと言われています。この背景には、「即戦力よりは選手育成を重視する」というチームの基本方針があります。「期待の星」を期待したままで終わらせるのではなく、きちんと才能を開花させることに注力しています。
傘下のマイナーチームを含めて優れたコーチングスタッフを揃え、メジャーに吸い上げる仕組みが完成していることで、大枚をはたいて即戦力を買い続ける必要はなく、メジャーリーグ屈指のローコストながらハイクオリティなロースターを形成しているのです。

おすすめの記事