「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【詳細解説!】ワシントン・ナショナルズの2016-2017年

2017 1/25 10:28
メジャーリーグ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Rena Schild/Shutterstock.com

各国の名選手が集まる世界最高峰のアメリカのプロ野球、それがメジャーリーグベースボール(MLB)です。 30チームの中で近年旋風を起こしているのが、ナショナルリーグ東地区所属のワシントン・ナショナルズ。 強力投手陣で今季開幕前は優勝候補にも挙げられたこのチームの魅力に迫ります。

モントリオールからワシントンへ本拠地を移転して誕生

前身は1969年に創設されたモントリオール・エクスポズ。カナダ初のMLB球団でしたが、2005年からワシントンDCへ本拠地を移転。ワシントン・ナショナルズとして生まれ変わりました。
それから数年は年間100敗を喫するなど苦難の時を過ごしましたが、2012年・2014年には地区優勝を果たしたほか、2015年にFAで加入したマックス・シャーザーを中心としたリーグ最強とも呼べる投手陣を形成。野手陣の健闘も光り、悲願のリーグ優勝・ワールドシリーズ制覇に向けて、着実に歩みを進めています。

全米一の呼び声高い、完璧に近い投手陣

今シーズンは新監督としてダスティ・ベイカー氏を招聘。ナショナルリーグの最優秀監督賞を3度受賞した名将のもとで、チームは新たなスタートを切りました。
新監督も信頼できる能力の高い投手陣がナショナルズには揃っていました。マックス・シャーザー投手がシーズン20勝&284奪三振で投手部門2冠を達成したほか、タナー・ロアーク投手が16勝、ステファン・ストラスバーグ投手が15勝と勝算の高い先発ピッチャー陣がシーズンを通して活躍。リリーフ陣も大崩れすることなく勝ち星を拾い、リーグ優勝に大きく貢献しました。
チーム防御率3.51という数字は、ワールドシリーズを制覇したシカゴ・カブスに次ぐ30チーム中第2位となっています。

おすすめの記事