「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

過去の実績から、甲子園優勝校の傾向に迫る!

2016 9/23 20:08
野球 球場
このエントリーをはてなブックマークに追加

甲子園で優勝するほどの強豪校。その特徴を知りたい人のために、過去の実績から傾向を分析する。

優勝校の通算実績

甲子園は1915年から始まった野球の全国大会だ。100年以上もの歴史があり、毎年春と夏に試合が行われる。全国には数多くの強豪校があり、中でも歴代トップの優勝回数は「中京大中京」だ。春と夏合わせて10回の日本一を果たした。
その次に多いのが、「PL学園」「松山商業高校」「広島商業高校」だ。3校とも春と夏合わせて7回の甲子園優勝を成し遂げた。そして、「横浜高校」が春と夏合わせて5回の優勝経験がある。

甲子園は西日本が強い?

過去の通算優勝回数から見ると、1位が愛知県、2位タイで大阪府、愛媛県、広島県だ。5位の「横浜高校」で神奈川県なので、これだけ見ると西日本が強いイメージだ。近年の甲子園優勝校では、2014年の春に京都府の「龍谷大学附属平安高校」、2014年の夏に大阪府の「大阪桐蔭高校」が甲子園優勝を果たした。
2016年の春の甲子園では、奈良県の「智弁学園高校」が優勝した。これだけ見ると、西日本に強豪校が集まっていることが分かる。

おすすめの記事