「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

平成10年 横浜-PL延長17回の死闘【平成スポーツハイライト】

2018 12/20 11:00SPAIA編集部
甲子園
このエントリーをはてなブックマークに追加

センバツでPL破って優勝

平成の高校野球史で名勝負をひとつ挙げるとしたら、この試合が選ばれるのではないだろうか。平成10年(1998年)夏の準々決勝、横浜-PL学園戦だ。「平成の怪物」と呼ばれた松坂大輔の熱投と、どこまでも食らいつくPL学園の真夏の熱戦は延長17回まで続いた。

横浜は同年センバツでもPLと戦っていた。3回戦で後にプロで360本塁打を放つ村田修一のいた東福岡を破り、準々決勝では郡山に完封勝ちして迎えた準決勝。対戦相手のPLには現在、楽天で監督を務める平石洋介、後に近鉄、オリックスなどで活躍する大西宏明、現在は日本テレビアナウンサーの上重聡、当時は2年生で卒業後に横浜にドラフト1位で入団した田中一徳らがいた。監督はこの大会限りで勇退を発表していた名将・中村順司だった。

7回が終わって2-0でリードしていたのはPLだった。横浜は8回表に追いつき、9回に勝ち越して勝利をもぎ取ると、決勝では後にプロで活躍する久保康友がエースだった関大一に完封勝ちし、紫紺の大旗を手にした。夏の大会は、横浜の春夏連覇なるか、怪物・松坂を打ち崩すチームが出現するのか、俄然、注目度が高まっていた。

おすすめの記事