「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

大阪桐蔭は地区大会で敗退…明治神宮大会の出場校は?

2018 11/7 11:00勝田聡
神宮球場
このエントリーをはてなブックマークに追加

大阪桐蔭は近畿大会ベスト8

2018年の高校野球界は大阪桐蔭(大阪)一色だった。史上初めて2度目の春夏連覇を達成。10月25日に行われたプロ野球ドラフト会議では、根尾昂(中日1位)、藤原恭大(ロッテ1位)、横川凱(巨人4位)、柿木蓮(日本ハム5位)と4名が指名されている。同一高校から4名の選手が同時に指名を受けたのは2001年の日大三以来、17年ぶりのことでもあった。

しかし、新チームとなった今秋からは情勢が変わってきた。大阪桐蔭は秋季大阪府大会では決勝で履正社に敗北。大阪2位で出場した近畿大会でも準々決勝の智弁和歌山(和歌山)戦で敗れ、来春のセンバツ出場は当落線上となっている。

その近畿大会を制したのは龍谷大平安(京都)だった。春夏合わせて4度の全国制覇を成し遂げている強豪が5年ぶりに秋季近畿大会を制覇。近畿代表として11月9日から行われる明治神宮大会への出場を決めた。

おすすめの記事