「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

トレンドは「丸首」?100回大会から見る高校球児ファッション移り変わり

2018 8/30 07:00青木スラッガー
大阪桐蔭,2018年,ⒸYoshihiro KOIKE
このエントリーをはてなブックマークに追加

ⒸYoshihiro KOIKE

高校球児だって「オシャレ」がしたい

朝制服を着て登校し、授業が終われば急いでユニフォームに着替え、練習を終えるとまた制服やジャージに着替えて、夜遅くに帰宅する。土日も朝から晩まで練習や試合。甲子園を目指し、そんな毎日を送っている高校球児は、外で私服を着る機会などほとんどない。

ファッションとは無縁の世界に生きている人たち……と思うところだが、実は高校球児というのは、なかなかオシャレに敏感である。

球児がオシャレをするのは、グラウンドの上だ。ユニフォームの着こなしにも時代によってトレンドの移り変わりがある。球児たちは敏感にそれを察知して、かっこよくユニフォームを着こなそうと、意外と気を配っているものなのだ。

「着崩す」トレンドが去り、自然にユニフォームを着こなす時代に

筆者が高校球児だった2009~2011年は、ユニフォームを着崩すトレンドの最盛期だった。

「着崩し」とは、わざと服装を乱したり、本来の用途とは違った形でアイテムを活用すること。簡単にいえば、「不良っぽさ」の演出である。

とはいっても、学校の制服のようにシャツを出したり、腰でユニフォームを穿いたりすれば監督コーチに怒られてしまう。そこで、唯一自分の好みにいじることができるのが「帽子」だ。

野球帽は適度にツバを曲げることで、自分の頭の形になじんで被りやすくなる。これが2000年代に入ったあたりから、徐々にエスカレートし、深く折り曲げすぎてとんがったツバがスタンダードになっていった。同時に、マークの上あたりに洗濯バサミを何個も留めて保管し、型を付けるのも流行りはじめた。

さらにこの時代は、季節問わずタートルネックのアンダーシャツを着る流行りもあった。

夏にタートルネックを着用することで得られるメリットは、特にない。ただ暑いだけである。しかし当時はこれがなぜか「かっこいい」とされ、筆者の野球部も「記念撮影はタートルネック着用で統一」という謎のルールがあった。

大阪桐蔭,2007年,ⒸYoshihiro KOIKE

最近の甲子園を見ていると、こういった「着崩し」の高校球児ファッションは徐々に時代遅れになっていると感じる。タートルネックは絶滅し、帽子のツバ曲げ、型付けもソフトになった。眉毛を細く剃る球児も一時期よりは少ない。

自然にユニフォームを着こなす傾向になってきたのではないだろうか。

おすすめの記事