「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

創志学園・西は「強気」かつ「繊細」。16奪三振完封デビューを生んだ投球術

2018 8/28 15:00青木スラッガー
ピッチャー,ⒸShutterstock.com
このエントリーをはてなブックマークに追加

続出した「スーパー2年生」で一際スペシャルな創志学園・西純矢

史上初2度目の春夏連覇を成し遂げながらも、翌日からは新チームでの練習をスタートさせたという大阪桐蔭。来年の夏へ向けた戦いは、既に始まっている。101回目の夏に3年生になるのは2001年生まれの世代だ。今年の甲子園は、そんな彼ら「スーパー2年生」が存在感を放つ大会となった。

奥川恭伸(星稜)と井上広輝(日大三)が150キロを計測し、広沢優(日大三)と根本太一(木更津総合)も140キロ後半と勢いのあるボールを投げた。甲子園での最速は145キロだったが、最速152キロ左腕の及川雅貴(横浜)も大器の片りんを見せた。

そんな中で、「2019年のドラフト1位指名間違いなし」とまで言われるようになったのが、岡山の最速150キロ右腕・西純矢(創志学園)だ。初戦、神宮準優勝の創成館相手に16奪三振無四球完封の衝撃デビュー。来年のドラフトに向けて、現時点では一歩抜きんでたと言っていいただろう。

16奪三振完封のデビュー戦、創成館は「インコース潰し」の西対策をしていた

創成館戦、西は最速149キロのストレートと切れ味抜群のスライダーを武器に、秋は大阪桐蔭にも打ち勝った強力打線をねじ伏せる投球を見せた。だが、西の本当のすごさは剛速球でも変化球のキレでもなく、実は「繊細」な投球術にあるのだ。

注目したいのは対左打者への投球だ。奪った16三振のうち7個は、左打者からのもの。映像から判断する限り、左右別での奪三振(決め球)の内訳は以下の通り。右打者にはスライダー中心にアウトコース、左打者にはストレートも織り交ぜてインコースと勝負球はコースを徹底している。


【対右打者9奪三振】

  • アウトコースのスライダー:7個(ワンバウンド3球)
  • アウトコースのストレート:2個

【対左打者7奪三振】

  • インコースのスライダー:3個
  • インコースのストレート:2個
  • 真ん中高めのストレート:1個
  • アウトコースのスライダー:1個(ワンバウンド)

高校野球ではこういう投球をする右のスライダー投手に対し、左打者がホームベース寄りギリギリに立って、死球覚悟で「インコースを潰す」対策がよく取られる。右投手のスライダーは左打者の方に曲がっていくため、ベース寄りに立たれてしまうと、死球のリスクからインコースが投げにくくなってしまうのだ。

創成館打線も投手の川原陸を除いて、左打者全体でこの「インコース潰し」を意識した立ち方を行っているように見えたが、西はそれをものともしなかった。

おすすめの記事