「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

夏の甲子園・ドラフト候補たちはどうだった?〜投手編〜

2018 8/26 07:00勝田聡
甲子園,ⒸSPAIA
このエントリーをはてなブックマークに追加

ⒸSPAIA

春夏連覇のエース・柿木蓮

史上初となる2度目の春夏連覇を達成した大阪桐蔭(北大阪)は、ひとりで全試合に完投するわけではなく、複数の投手を起用しながら勝ち上がっていった。そのなかでエースナンバーを背負っていたのは柿木蓮だ。

柿木は全6試合に登板し、36回を投げ39奪三振、防御率1.00と安定した投球を披露。最速151キロのストレートを中心にスライダーを交え淡々と投げ込む姿は、まさにプロのよう。走者を出しても落ち着いており、今大会で1イニングに2点以上を失ったことは1度もなかった。プロ志望届を提出するのは確実と見られており、上位指名は間違いないだろう。

<柿木蓮・甲子園成績>
6試合/36回/奪三振39/与四死球8/防御率1.00

大阪桐蔭に好投・山田龍聖

今大会で大阪桐蔭をもっとも苦しめたと言っても過言ではないのが、高岡商(富山)の山田龍聖だろう。どこからでも点が取れる大阪桐蔭相手に8回3失点、11奪三振と堂々の投球を見せた。

182センチ・80キロの長身サウスポーは最速144キロのストレートとスライダーが武器だ。スライダーの制球が甘く、ワンバウンドになるような投球も多かったが、左打者の外角低めに決まると高校生レベルでは手が出ない。

貴重な大型左腕だけに進路には注目が集まっている。

<山田龍聖・甲子園成績>
3試合/24回/奪三振26/与四死球9/防御率2.25

おすすめの記事