「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

記録的猛暑でどうなる100回目の甲子園 観戦時の熱中症対策を万全に

2018 7/29 07:00SPAIA編集部
甲子園球場,ⒸSPAIA
このエントリーをはてなブックマークに追加

ⒸSPAIA

甲子園のベンチにはクーラーが

高校野球の季節が到来した。日本各地で夢の大舞台甲子園を懸けた球児たちの熾烈な戦いが始まっている。世界最大のトーナメント大会である全国高校野球選手権。ただの一度も負けることが許されない過酷な戦いだが、内容だけでなく試合環境も過酷さでは類を見ない。

真夏の炎天下、熱が逃げにくいスリ鉢型の会場という条件下では、マウンド表面の温度は50~60度にもなり、体感温度は40度を軽く超え、50度を超えることもあるという。当然、選手には熱中症の危険が付きまとう。

高野連は本大会中、甲子園のベンチをクーラーで涼しく保ち、スポーツドリンクなどを用意、理学療法士もスタッフとして抱え、試合中は定期的な給水を指導し選手たちが全力を出せるように配慮している。

とは言え、それでも万全とは言い難く、ネット上だけでなく報道でも、大人の事情で球児たちを危険にさらしているという非難も出ている。

問われる真夏の大会

以前から地方大会の熱中症対策が不十分であることは報道などで伝えられていたが、現在各地で行われている大会で、既に選手や応援の生徒が熱中症の症状を訴え病院に相次ぎ搬送されている。この事態を受け、日本高野連と朝日新聞は各都道府県の高野連に対して本大会中の取り組みを紹介し、地方大会中でも熱中症対策を万全にするように呼びかけた。

それを受けて各都道府県の高野連は日程を変更したり試合時間をずらしたり、給水を義務付けるなどの対応を行っているが、一方で各試合間のスパンが空くことで休養時間に差が発生し公平さを欠くという理由で真昼の試合を余儀なくされる高校もある。

環境省は35度以上の気温下での運動を原則禁止しており、野球に次いで部員数の多いサッカーでもJFA主催の大会では原則中止となっている。全球児の夢である甲子園が逆に夢を奪うことがないよう、大会の開催時期から在り方まで議論が必要だ。

おすすめの記事