「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

かみじょうたけしの高校野球大好きトーーク!①「高校野球にハマったきっかけ」

2018 7/26 12:00SPAIA編集部
かみじょうたけし,高校野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

本格的にハマったのは松坂の春夏連覇から

金島:高校野球を好きになったきっかけに戻るんですけど、憧れたお兄さんから野球の魅力にハマりだして、高校野球そのものに興味を持ったのはどこやったんですか?

かみじょう:そうですね、あれから月日が経って、自分が高校を卒業して大学になってやっと淡路島を出て自由な身になって、いろんなところに観戦に行くわけなんですけど、お金もなかったんで、とりあえずただで見るにはどうしたらよいんかと思って、甲子園で売り子をやったんです。それがちょうど98年の松坂の春夏連覇の時だったんですよ。

金島:ノーヒットノーランのときですね。

かみじょう:そうです、京都成章。あの大会から今年で20年になるけど、振り返っても一番凄かったんじゃないかなっていうくらいの大会やったと思う。

金島:PLと横浜が17回までやって。

かみじょう:そうですね。そのあと、明徳とやって、京都成章とやりましたけど。松坂さんだけじゃなく、PLには上重さん(日本テレビアナウンサー)がおったり、平石さん(楽天監督代行)、大西宏明さん(元近鉄)がおったり。明徳には寺本さん(元ロッテ)おったりとか。 京都成章には古岡基紀さん、鹿児島実業には杉内俊哉さん(巨人)、浜田高校・和田毅さん(ソフトバンク)、帝京・森本稀哲さん(元日本ハム)とかタレントが凄かった。そういうのでハマったというのもあるんかな。とにかくスターが多かった。

金島:あの時代はね、僕は1個上の世代なんですけど、逆に僕らの世代はあんまりタレント揃ってなくて、今プロ野球でも活躍している選手は、能見さん(現阪神)くらいかな。

かみじょう:あとは石川雅規(ヤクルト)投手ですかね。

金島:そうですね。

かみじょう:平安と智辯和歌山ですよね、決勝は。平安の川口知哉投手(元オリックス)、智辯の高塚投手(元近鉄)と中谷捕手(元阪神)。あの決勝戦の前日だけ、野宿したんですよ。今は、8号門クラブいうてあるじゃないですか、野宿する人たち。あんなん無い時代に、一夜だけ野宿したのが今となっては思い出です。
その後、平安の奥井さんが梅田の串カツ屋で偶然横におったんすよ!

「すみません、かみじょうさん。私、奥井と申します」
「まさかあの時の1番バッターの方じゃないですか!?」
「えっ!?僕のこと知ってるんですか?」
「当たり前じゃないですか!」言うてね。笑


〜 第2弾「人間力の向上が高校野球の素晴らしさ」に続く

おすすめの記事