「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

甲子園での通算勝ち星上位校5選

2016 8/30 14:51
高校野球バッター
このエントリーをはてなブックマークに追加

京都府の強豪 龍谷大学付属平安高等学校

通称「平安」は西本願寺系の学校で龍谷大学が運営を行っている。全国大会で数度の優勝に輝くゴルフ部同様に野球部も強豪として知られている。
同部は春と夏の甲子園合わせて73回の出場を果たし全国でも上位の出場回数を誇る。平成28年の第88回高等学校選抜野球大会ではベスト4入りを果たし、甲子園での99勝目を勝ち取った。目前に迫った甲子園での100勝が夏の大会で達成できることを楽しみにしたい。

岐阜を代表する強豪 岐阜県立岐阜商業高等学校

通称「県岐阜商」は多くの体育系部活動がインターハイなどの全国大会に出場している歴史を持つ高校で、スポーツ界に多彩な人材を輩出していることで有名だ。
特に野球部は甲子園の高校野球で春3回、夏1回の優勝経験がある。甲子園で2013年までに史上4位となる通算85勝(春46勝、夏39勝)を挙げ、他にも国体優勝等広く活躍している。全国有数の県立名門校でありながら長年強豪の座を維持している。しばらく低迷期が続いていたが近年はまた好成績を残している。

九州を代表する強豪 愛媛県立松山商業高等学校

通称「松商」は、夏の甲子園で公立高校として全国最多の勝利数を誇る日本有数の名門校だ。その数80勝にも及び、全国優勝を夏の甲子園で5回春の甲子園では2回輝き、春夏の大会で特にその強さを発揮している事から「夏将軍」という異名で呼ばれることも多々ある。
1996年の第78回全国高校野球選手権大会決勝戦では熊本工業との古豪同士の対決となり、別名「奇跡のバックホーム」と謳われた試合でも一躍有名になった。その後激戦の末に6-3の延長戦を制したのは松山商業高校で、この年も全国優勝に輝いている。

まとめ

ランキング上位の高校はすべて甲子園出場回数が2桁で優勝回数も多く、その名を高校野球の歴史に刻んでいる。 その栄光を後の世代に繋げることも彼らの役目なのでぜひ頑張ってほしい。

おすすめの記事