「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

甲子園での通算勝ち星上位校5選

2016 8/30 14:51
高校野球バッター
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by mTaira/Shutterstock.com

全国の野球強豪校を甲子園出場の通算勝星を基準に上位5校ピックアップし、それぞれの戦績や特徴などを紹介する。

日本一 愛知県の中京大学附属中京高等学校

通称「中京大中京」は私立の高等学校だ。創立90年を迎え、学術とスポーツ両面で殿堂入りを目指し、体育系を中心とした部活動に力を入れている。
戦前から活躍しその名を残す野球部は全国屈指の名門として知られ、甲子園での通算勝利数はなんと計133回にも上り優勝回数は春・夏いずれも全国最多を誇っている。その他の全国タイトルとして国体や明治神宮競技大会での優勝を含めると優勝数は16回になる。
史上初の夏3連覇や史上2校目の春夏連覇を達成するなどの高校野球界の伝説的存在だ。

大阪を代表する PL学園高等学校

大半の生徒が寮生活を送っているのが特徴で、体育系部活動の名門校として名高く、多くの輝かしい戦績を残し世界で活躍するプロ野球選手を輩出している。
しかし近年は部員募集の停止による活動縮小、また受験者数の激減で学校自体の存続も懸念されていた。残念なことに2016年、同校野球部の休部が決まった。
そんな状況の中で過去の野球部の功績をおさらいしたいと思う。同校野球部は1970年代には甲子園の常連校7校入りを果たし1978年の全国高等学校野球選手権大会では「9回裏の奇跡」「逆転のPL」の異名で全国区になった。春夏あわせて7回の全国制覇を達成するなどの歴史がある。

おすすめの記事