「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【2018春のセンバツ】甲子園で注目したい選手たち〜野手編〜

2018 3/9 13:15mono
高校野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

日置航(日大三高)

日置航(日大三高)は、昨春の甲子園で2年生ながら6番・遊撃手でスタメン出場。しかし、4打数無安打と結果を残すことはできなかった。夏の西東京大会で敗退後に主将を任され、秋の東京都大会で優勝。2年連続となるセンバツ切符を手に入れた。

秋の大会では打率.444(36打数16安打)をマークし、主将としての存在感を示している。遊撃の守備でも、広い守備範囲をみせておりチームの要だ。攻守そして精神面でもチームの中心的存在となる日置の活躍なくして、日大三高の上位進出はむずかしい。チームをまとめ上げて、1971年以来47年ぶりのセンバツ制覇を目指したい。

森下翔太(東海大相模高)

2011年以来7年ぶりとなる春のセンバツ王者を狙う東海大相模高(神奈川県)。その中心となるのが森下翔太だ。秋の公式戦では全11試合で打率.512(41打数21安打)、5本塁打を記録している有望株だ。その打撃はプロのスカウトも注目しており、ドラフト候補でもある。

180センチ・74キロと線は細いもののパワーは抜群。高校通算44本塁打を放っている右の長距離砲候補は、3番を任されることが濃厚。上位打線が塁に出たところをきっちりと返したい。

おすすめの記事