「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【2018春のセンバツ】甲子園で注目したい選手たち〜投手編〜

2018 3/7 20:21mono
高校野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

柿木蓮(大阪桐蔭高)

今大会で優勝候補筆頭に挙げられている、昨春の覇者でもある大阪桐蔭高(大阪府)。そのエースが柿木蓮だ。昨春(2017年)の甲子園では、初戦の宇部鴻城高戦(山口県)で1イニングのみの登板だったが、無失点に抑え甲子園デビューを果たすと、続く夏の甲子園でも2試合、10.1回を投げ自責点0(失点2)。甲子園での防御率0.00をキープしている。

最速147キロのストレートにスライダー、フォークを織り交ぜ相手を翻弄する。秋の公式戦でも7試合45回を投げ、43奪三振、防御率0.60と圧巻の投球を見せた。勝負所で三振を奪うことのできるフォークが最大の強みでもある。

どこまで甲子園防御率0.00を更新できるか注目したい。その先には優勝、そしてプロ入りへの道が続いているはずだ。

大谷拓海(中央学院高)

秋季関東大会を制した中央学院高(千葉県)。そのチームを投打に渡り引っ張ったのが大谷拓海だ。エースで4番の二刀流、そして大谷という名字から注目を浴びているが決して名前だけではない。

秋の公式戦では、11試合に投げ防御率2.48。関東大会では、昨夏の甲子園王者である花咲徳栄高(埼玉県)を相手に3失点完投勝利を収めるなど、強豪校相手に堂々の投球を見せた。スリークォーターから繰り出されるストレートは最速145キロ。投打に渡り、プロから注目の存在だ。甲子園でもエースで4番としてチームを引っ張ることが期待される。

おすすめの記事