「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【2018春のセンバツ】中国・四国地区出場校レビュー

2018 2/28 18:55mono
高校野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

おかやま山陽高(岡山県)

春のセンバツは初出場となった、おかやま山陽高(岡山県)。夏の甲子園は昨年初出場を果たしており、2季連続での初出場となった。秋の岡山県大会では、3位決定戦で夏の岡山県大会決勝でも顔を合わせた創志学園高と対戦。6回表で3-7と4点ビハインドだったものの、その後逆転し岡山3位として中国大会へと出場を果たしている。

中国大会決勝でも下関国際高(山口県)相手に、8回表で3-11と8点ビハインドだったが8回、9回に8点を奪い延長戦に持ち込むと、10回裏にサヨナラ勝ちを収めている。明治神宮大会では初戦敗退となったものの、驚異の粘りを甲子園の舞台でも発揮したいところだ。

チームの中心は、エースの有本雄大だ。全12試合に登板し6完投。身長177センチとけっして大きくはないが、80キロとどっしりしており、球は力強い。最速140キロを超えるストレートを軸にスライダー、フォークなどの変化球を扱い投球を組み立てる。甲子園の大舞台でチーム初勝利に貢献したい。

瀬戸内高(広島県)

27年ぶり3回目の出場となった瀬戸内高(広島県)。OBには2016年ドラフト1位の山岡泰輔(オリックス)がいる。秋季広島県大会では準決勝で広島国際学院高に敗れ3位決定戦へ。そこで尾道高を4-1で破り、広島3位として中国大会へと出場した。

中国大会では米子松蔭高(岡山県)に23-3で勝利すると、鳥取商業高(鳥取県)との一戦では10-1と大勝。圧倒的な攻撃力を見せつけた。準決勝でおかやま山陽高(岡山県)に4-7で敗れてしまったが、堂々のベスト4。中国地区3枠目でセンバツ切符を手に入れた。

甲子園では、チームの主砲で4番に座る門叶直己(とがの なおき)に注目したい。秋の大会では打率.500(44打数22安打)、4本塁打、20打点とまさに4番の活躍を見せてくれた。甲子園でも、強打のチームを引っ張る主軸としての働きに期待が集まる。

おすすめの記事