「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【2018春のセンバツ】九州地区4校レビュー

2018 2/28 18:43mono
高校野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

東筑高(福岡県)

20年ぶり3回目の出場となる東筑高(福岡県)。昨夏の甲子園にも出場しており、同校史上初の夏春連続出場となっている。OBには現役時代に西鉄ライオンズでプレーし、監督としてオリックス・バファローズなどを率いた仰木彬氏が有名。また、俳優の高倉健も同校の出身だ。

21年ぶり6回目の出場となった昨夏の甲子園は、2年生エースの石田旭昇(あきのり)が注目を浴びていた。東筑は夏の甲子園に出場した過去5回のうち3回のエースが石田姓だった、ということもあり『東筑の石田伝説』が取り上げられたことからだ。その伝説を背負っての甲子園だったが、初戦で済美高(愛媛県)に4-10で敗戦。勝ち星を挙げることはできなかった。

新チームで臨んだ秋季福岡県大会では福岡大大濠高、東海大福岡高と咋春の出場校が早々に姿を消す中で勝ち進み、決勝では筑紫学園高に10-1で快勝。福岡1位で九州大会へと駒を進めている。

九州大会準決勝で創成館高(長崎県)に逆転負けを喫し、ベスト4止まり。冬を越えてエース・石田をはじめとした選手達の成長に注目したい。春夏通じて5度目の『石田伝説』で上位進出を目指す。

創成館高(長崎県)

4年ぶり3回目の出場となる創成館高(長崎県)。咋夏は、長崎県予選準々決勝で甲子園出場を果たした波佐見高に4-5で惜敗し、甲子園を逃していた。しかし、秋季長崎県大会では準決勝で海星高、決勝で長崎商業高をそれぞれ下し、長崎1位で九州大会へと出場を果たしている。

九州大会では、沖縄尚学高と宮崎県勢3校(都城東高、延岡学園高、富島高)をくだし初制覇。初めての出場となった明治神宮大会でも決勝まで進み快進撃をみせた。惜しくも、決勝では明徳義塾高(高知県)に0-4で敗れたものの準優勝。4年ぶり3回目の甲子園出場を決めている。

チームの中心となるのは左腕の川原陸だ。中学時代にリトルシニアの日本代表にも選ばれるなど早くから注目される存在だった。創成館高入学後は野手としてプレーしていたが、2年春から投手に専念。身長184センチの長身から最速140キロを超えるストレートとスライダーで相手打線を翻弄する。プロ注目の左腕となっており、センバツでの活躍しだいではドラフト候補となりそうだ。

おすすめの記事