「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

夏に賭ける!センバツを逃した注目の選手たち

2018 2/9 17:19mono
高校野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

U-18日本代表で下級生ながらチームを牽引!小園海斗(報徳学園高)

中学時代から注目され名門・枚方ボーイズでプレーし、U-15日本代表でもプレーしていた小園海斗(報徳学園高)。

報徳学園高入学後は1年時(2016年)から遊撃手でレギュラーを獲得すると、2年(2017年)春のセンバツで甲子園デビュー。4試合に出場し打率.500(18打数9安打)、1本塁打、5打点の活躍を見せ、ベスト4入りに大きく貢献した。
夏の甲子園には出場とならなかったものの、U-18ワールドカップにおいては2年生ながら日本代表入りを果たしている。その大舞台で、清宮幸太郎(早稲田実→日本ハム)らと戦い打率.378(37打数14安打)、0本塁打、5打点とチームを牽引した。

その後、新チームとなって臨んだ秋季大会では兵庫県大会3回戦で明石商業に敗退。近畿大会に進むことはできず、春のセンバツ出場とはならなかった。
走攻守そろったプロ注目の遊撃手は最後の夏へ向けてトレーニングに励む。

1年時にハマスタバックスクリーン直撃弾!万波中正(横浜高)

強豪・横浜高で早くから注目を浴びていた万波中正。父がコンゴ人、母が日本人のハーフということもあり、その体格には目を見張るものがある。
1年時からメンバー入りし夏の神奈川県予選では、横浜スタジアムのバックスクリーン直撃弾を放つなど、大きく取り上げられた。

1年夏(2016年)の甲子園ではベンチ入りを果たすも出場機会はなく、甲子園デビューは2年夏の甲子園だった。そこまで投手・外野手の二刀流として起用されていたが、甲子園では5番・右翼で先発出場。
打撃は2打数1安打だったものの、途中からマウンドに登った投手としては、0.2回2失点と結果を残すことができなかった。

新チームで臨んだ秋季大会では、神奈川県大会準々決勝で鎌倉学園にコールド負け。自身も4打数無安打と悔しい思いをしている。
今後も二刀流として投打ともに力を付け、夏の甲子園、そしてプロ入りを目指す。

おすすめの記事