「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【すいとーよ福岡!】福岡県の野球強豪校5選

2016 8/26 13:36
高校野球試合
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by mTaira/Shutterstock.com

福岡県の強豪校は、プロ野球選手の輩出が多い。今回紹介する、県立小倉高校、柳川高校、西日本短期大附属高校、福岡工業大附属城東高校、九州国際大付属高校の5つの強豪校は、有名なプロ野球選手を多く輩出している。

福岡へ初の優勝旗!公立の星・福岡県立小倉高等学校

小倉高校は明治41年に福岡県小倉中学校として開校した。1世紀にも及ぶ伝統と、「文武両道」「質実剛健」の校風の下、勉学に部活に、切磋琢磨している。50分授業を導入したり、部活は19時までに終わったりと、密度の濃いメリハリのある指導などさまざまな試みをしているのだ。
最近でこそ私学に押されがちですが、戦後は九州の高校野球界を牽引する存在で、春の甲子園では2度の準優勝、夏の甲子園では2度の優勝を成し遂げている。プロ野球選手も11人輩出しており、現在も木谷良平(きや りょうへい)投手が、東京ヤクルトスワローズに所属している。

プロ入り最多!柳川高等学校

柳川高校は、昭和16年に福岡県柳河商業高校として発足した。甲子園大会には春・夏とも8回ずつ、計16回出場しており、いずれも最高戦績はベスト8どまりですが、プロ野球に31人もの選手を送り込んでおり、県内最多を誇っている。
有名な選手としては、若菜嘉晴(西鉄・ドラフト4位)、真弓明信(太平洋・ドラフト3位)、久保康生(近鉄・ドラフト1位)らがいる。チーム名を見ても少し古い。最近では、香月良太(巨人)・良仁(ロッテ)の兄弟や、柿木映二(ソフトバンク)が現役で頑張っている。

おすすめの記事