「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【まかせんさい!】広島県の野球強豪校5選

2016 8/26 13:36
高校野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by mTaira/Shutterstock.com

広島といえば広島カープのお膝元である。その広島で野球の強い高校はどこなのだろうか。全国的に有名な私立高校から伝統のある学校、県立の星と呼ばれる高校まで、甲子園を目指す広島の強豪5校を紹介していく。

多くのプロ野球選手を輩出!【広陵高等学校】

広陵高等学校は、広島市安佐南区にある私立高校で、春の選抜大会ではこれまで3回優勝、夏の甲子園では優勝はないものの3回準優勝をしている、広島県では最も全国的に優秀な成績を残しているチームである。
特に春の選抜に強く、「春の広陵」という異名を持つほど。阪神の金本知憲監督、巨人の二岡智宏コーチ、現役では阪神の新井良太、福原忍、巨人の西村健太朗、小林誠司、日本ハムの吉川光夫、有原航平らの選手を輩出している。

野球部は全員寮暮らし【如水館高等学校】

如水館高等学校は広島県三原市にある私立高校で、夏の甲子園には7回出場、春の選抜にも1回出場しているだけでなく、東京大学ほか有名国公立・私立大学にも多くの生徒が進学するなど文武両道で知られている。部活動が非常に盛んで、野球部の他にチアリーディング部、吹奏楽部、ロボット研究部も全国レベルの実力を誇っている。
野球部は全国制覇を目標に掲げ、平日は練習、土日は練習試合とハードな日々を送っている。
今年の春季広島県大会は準決勝で広島商業に競り勝ち、決勝では崇徳に1-2で負けたが、実力は県下トップクラスだ。

おすすめの記事