「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【近江の真珠】滋賀県の野球強豪校5選

2016 8/26 13:36
高校野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by mTaira/Shutterstock.com

野球強豪校が多いとされている近畿で、甲子園優勝経験がない滋賀県。県内では、公立校と私立校が同じように切磋琢磨し、滋賀県初の甲子園優勝を目指している。そんな滋賀県の野球強豪校5校をピックアップし、各校の戦績や特徴などを紹介する。

サムライブルーに身を包む強豪校 近江高等学校

スクールカラーは琵琶湖の青が使用されており、野球部員が着用しているユニフォームのブルーは2009年夏の甲子園でも話題になった。同校は合計68名の部員から成り滋賀県内の野球強豪校として知られている。
戦歴としては2001年夏(第83回全国高等学校野球選手権大会)で滋賀県勢として初の準優勝に輝いている。そんな強豪と名高い同校野球部を率いるのが名将・多賀章仁監督。1989年から近江高等学校硬式野球部監督に就任した多賀章仁監督は、学校では副校長をしており、近江高校の名物監督として有名だ。

快挙を果たす強豪校 滋賀学園高等学校

2009年度の第91回全国高等学校野球選手権大会で滋賀県代表として初出場し、2016年度の第88回選抜高等学校野球大会にも初出場、そしてベスト8(準々決勝)進出という快挙を成し遂げた。
この快進撃の裏で密かに注目を集めていたの同校の応援団である。元気しか湧かないと評された全力でコミカルなエールは、観戦する者を魅了し選手たちを鼓舞した。全校一丸となる応援が彼らの強さの秘密なのかもしれない。

おすすめの記事