「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【伊勢の溢れる情熱】三重県の野球強豪校5選

2016 8/26 13:36
野球場 日本
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by mTaira/Shutterstock.com

全国の高校野球ファン必見!
三重県の野球強豪校について5校をピックアップして、各校の戦績や特徴などをご紹介しよう。

三重県内屈指の名門 三重高等学校

野球部の由緒正しき歴史は昭和41年から刻み続けられている。全国高等学校野球選手権大会への出場回数13回、選抜高等学校野球大会出場は12回を誇っている。
第41回大会ではセンバツ決勝戦進出・初優勝を果たしており、県内最多出場にして甲子園通算2ケタ勝利を挙げているのは三重県内で同校のみである。三重県は全国クラスの学校は多くあるとは言えないため、他県よりもやや競争率が易しいように思えるが、今後よりいっそう高みを目指して頑張ってもらいたい。

順当に強豪校 三重県立いなべ総合学園高等学校

野球部は三重県代表として春の選抜初出場に加え秋季大会では準優勝の結果を残している。しかし、2010年夏の甲子園に1度出場はしたものの惜しくも初戦で敗退している。
野球部OBには中日の石垣幸大選手、学校OBには女子サッカーの作元芙美佳選手などスポーツ界へ多くの人材を輩出している。注目選手は秋季大会で頭角を現したエースの渡辺啓五選手だ。最速142キロのストレートや変化球を使いこなし、三重県大会の3位決定戦では、15奪三振2失点で完投勝利をあげる実績を残した。

おすすめの記事