「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【あんじょうきばりや】奈良県の野球強豪校5選

2016 8/26 04:36
高校野球試合
このエントリーをはてなブックマークに追加

古豪復活へ!御所実業高校

かつて「奈良御三家」と呼ばれた天理高校、智弁学園、郡山高校の3校に次いで甲子園出場回数が多いのが奈良県立御所実業高校だ。
春7回、夏4回の計11回甲子園に出場している御所実業高校だが、ここ10年では2015年春の奈良県大会でのベスト4が最高成績となっており、「御三家」からは大きく離され甲子園からも40年以上遠ざかっている。
近年は高校ラグビーで「御所実業」の名前を聞くことが増えたが、高校野球でも古豪復活が待たれるところである。

まとめ

2016年春のセンバツで智弁学園が優勝したことで、奈良県の高校野球もさらに盛り上がりを見せそうである。
智弁学園の時代が来るのか、ライバル・天理高校がそれを阻止するのか、または新興勢力が進出してくるのか。奈良県の高校野球から目が離せない。

おすすめの記事