「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【御食国たくましく】福井県の野球強豪校5選

2016 8/20 14:15
高校野球,試合
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by mTaira/Shutterstock.com

福井県の野球強豪校について5校をピックアップ。各校の甲子園出場実績やチーム率いる名門監督などを含め紹介する。

甲子園常連校の名門 福井県立福井商業高等学校野球部

通称、福商と呼ばれる同校の野球部はそのユニフォームのマークから「炎のジャージー」と称されている。
1968年に北野尚文が監督に就任して以降、福井県の高校野球界を牽引してきた存在だ。
夏の福井大会では1984年から2003年まで20年連続決勝戦に進出を果たしており、全国大会でも存在感を示してきた。
このチーム率いる北野尚文監督は、福井商業高校一筋で甲子園出場回数全国歴代一位の名将だ。彼の甲子園戦績は通算にして31勝36負だ。

福井県屈指の伝統校 福井県立敦賀高等学校野球部

通称、敦高と親しみをもって呼ばれている。文武両道を掲げる同校の1・2年生は、約30ある部活動に所属する生徒が多い。
中にはインターハイなどの全国大会の常連もあり、特に野球部は昭和期の敦賀商業時代から甲子園の常連として名を馳せ、多くのプロ選手も輩出している。
しかし近年は戦績が芳しくないため、伝統校の意地として激闘を繰り広げてきた栄光の記録を過去のものにせず、未来へと繋げてほしいところだ。

おすすめの記事