「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【素敵だに~】長野県の野球強豪校5選

2016 8/20 14:15
野球部練習風景
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by mTaira/Shutterstock.com

春や夏の甲子園大会が近づいてくると、高校野球の有力校がどこなのか気になってくるだろう。
ここでは、長野県内の古豪や急激に力をつけている注目校、素晴らしい名将の下頑張っている高校など知っておきたい注目の野球強豪校を5校紹介する。

長野県で甲子園最多出場を誇る松商学園

長きに渡り、長野県の高校野球は松商学園がリードしてきた。春のセンバツには16回、夏の選手権には全国2位となる35回の出場を果たしている。
春は準優勝2回、夏は優勝1回準優勝1回と長野県勢としては抜群の実績を残しているが、そのほとんどが戦前のものであること、そして夏の大会では35回の出場中およそ3分の2にあたる23大会で初戦負けを喫するなど、全国大会ではやや精彩を欠く結果となっている。
また近年は他校の追い上げにより、夏の長野県大会では戦時中を除けば最も長い7年間もの間、優勝から遠ざかっている。古豪・松商学園の復活に期待したい。

原公彦監督の采配に注目!近年存在感を増している上田西高校

長野県高校野球の「新興勢力」といえば上田西高校だ。
上田西高校の軟式野球部の監督を務めていた原公彦監督が、2012年硬式野球部の監督に就任。軟式野球の全国大会にも出場経験のある原公彦監督が軟式野球の戦術を生かしながらチーム力をアップし、就任翌年の2013年夏に上田西高校を初の甲子園に導いた。その後2015年夏にも2度目の甲子園出場を果たし、ますます存在感を増している。
原公彦監督の手腕に今後も注目が集まる。

おすすめの記事